「赤トンボ」超高級サンドウィッチ

虎ノ門の老舗洋食店「赤トンボ」。
こちらは、名物「サンドウィッチ」と、「東京で一番高い?」カレー(2800円)で知られるお店。
サンドイッチは高島屋のデパ地下にも出していて、そちらのイメージが強い人も多いそう。

赤トンボ_R000「サンドウィッチ」は、1きれ3×4cmのひと口サイズ。これが1パックに4個入っています。
携帯と比べてもこの大きさ。
お店のパンフレットにも、「1人前3~4パックが適量かと思われます」と丁寧に断り書きが。
持ち帰りの値段は、1パック当たり「野菜」315円、「カニのベシャメル」525円、「帆立貝のサラダ・野菜」525円、「ローストビーフ」683円など12種類ほど。
確かに高いランチになってしまいます…。ちなみにイートインは2100円~。

赤トンボ_R001これはイートイン限定のトーストサンドウィッチより「蟹チーズ焼き」2415円。
玉ねぎときのこをバターでいため、蟹を加えて卵でオムレツ風に焼いたものをサンドしています。
蟹は結構たっぷり入っていて、バターのコクがきいていてこれはおいしい!値段を考えなければ…ですが。

どのサンドイッチにも共通なのですが、小さいのに食後感はわりとしっかり。
昔ながらの洋食の手法で、バターやソースをしっかりきかせた味付けなので、見た目よりもこってりした印象。
ひと口サイズなので化粧が崩れずに食べられるとあって、歌舞伎など着物系の楽屋見舞いや、芸能関係の仕出しにもよく使われているそうです。

ん~、でも自分じゃ買わないかも…。
貴重な体験でした!

本日もランキングお願いします。
ブログランキング

お店のHP

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る