「鍵善良房」300年以上の歴史を経てなお美しい、芸術的落雁

享保年間創業、京都の老舗和菓子店「鍵善良房」。

祇園の本店、高台寺店、ゼンカフェの3店舗。

いずれも喫茶メニューがあり、くずきりが名物として知られています。

創業からの代表作は、落雁。

木箱の中から現れるのは、上品で繊細な色合いの落雁。

300年を超える歴史の重みとともに感じるのは、現代にも色褪せない伝統菓子の素晴らしさ。

淡く優しい色調に、日本ならではの控えめな美意識が感じられます。

かわいいー、ちょうだーい、と食いつく5歳児。

子供にとっても、これはきっと食べられる宝箱。

自分用に、というよりは大切な人に贈りたいお菓子です。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る