フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

全国の名産品、お土産

「泳ぐホタテ」ホタテがぱしゃぱしゃ踊る!鮮度抜群のお取り寄せ

投稿日:2018年10月10日 更新日:

お取り寄せで話題の岩手・三陸の「泳ぐホタテ」。

頂き物にて、堪能させていただきました。

ホタテは2年貝が最も高値で取引されるそうで、なかでも岩手県は最高ランクのホタテの産地。

「泳ぐホタテ」は厳選された岩手産ホタテを目利きし、自社の生簀できれいな海水を吸わせてから発送。

それにより、とれたてよりも雑味や臭みの少ないホタテになるそうです。

届きたては、箱を開けるとホタテがぱしゃぱしゃ音を立てるほど元気!

ユーモアのあるメッセージにほっこりします。

ホタテの捌きかたは超簡単で、同封されている専用のヘラで殻をはずすだけ。

なのですが、活きがよいので剥がそうとすると抵抗して口をパクっと閉じようとします。その力が結構強くて怯むほど。

きれいに剥がせました。

見よこの大きさ!肉厚でずっしり。ここまで立派なホタテは、BBQでもなかなかお目にかかれません。

まずはお刺身で。

ジューシーな甘み、ぷりぷりの歯ごたえは、活ホタテならでは。

新鮮なヒモもそのまま刺身で食べられるそうで、当日は刺身でいただき、残りは塩麹に浸けておき(臭みがとれ柔らかくなるそうです!)、翌日はバター醤油炒めに。

臭みがないホタテは、うちの2歳児がおかわりして食べるほどでした。

サイズによって値段は異なり、11~11.5㎝の大中サイズなら、5枚3025円~というお手頃価格。

ギフトや特別な日には、超特大(14~14.5㎝)や幻のホタテ(15㎝以上)がインパクトもあり楽しめるかなと思います。

新鮮なホタテの甘味と食感をぜひ、味わってみてくださいね。

Sponsored Link

-全国の名産品、お土産
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「亀屋」手土産やお取り寄せに。房総の老舗の逸品「あわび姿煮」

千葉・南房総に7店舗を展開する「亀屋本店」は、1906年創業。 醤油、味噌の製造などを基盤に、戦後になって看板商品の「鯛みそ」を開発。 その他、鯛せんべいやびわぜりーなどが房総のお土産品として知られて …

ぶどうの品種が気になる!希少な「黄甘」を食べてみた

先日、「マツコの知らない世界」でも紹介されていたぶどう。 最近、スーパーには種無しぶどうの色々な品種が並ぶようになったなぁ、と感じていたのですが、世界には10000種類以上、日本だけでも100種類以上 …

「uchu wagashi」おしゃれでかわいい!京都発のモダン落雁

モダンでキュートな和菓子の代表格とも言える、京都の「uchu wagashi」。 パステル調のやさしい色合いと、洗練されたパッケージ、そして繊細な落雁の美味しさで京都土産としても人気のお店です。 写真 …

オオヤブデイリーファームの極上ヨーグルト「みるころ」

先日、メゾンジブレーの新作発表会でお会いした熊本「オオヤブデイリーファーム」さんから、看板商品のヨーグルトが届きました! つい先日、ガイアの夜明けでも紹介されていた今注目の酪農家さんです。 このヨーグ …

甘くて皮ごと食べられる!宮崎「きんかんたまたま」

パティシエ界のフルーツ王子「メゾンジブレー」江森さんから教えてもらった「きんかんたまたま」。 特に糖度の高いきんかんにつけられるブランドで、宮崎県の認定されています。 宮崎県は、きんかんの生産量日本一 …

 

料理専門誌を中心に、雑誌・WEB等で執筆中★
allaboutでの執筆はコチラお仕事の依頼は、facebookまたは上記から経由できます