フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

全国の名産品、お土産

「泳ぐホタテ」ホタテがぱしゃぱしゃ踊る!鮮度抜群のお取り寄せ

投稿日:2018年10月10日 更新日:

お取り寄せで話題の岩手・三陸の「泳ぐホタテ」。

頂き物にて、堪能させていただきました。

ホタテは2年貝が最も高値で取引されるそうで、なかでも岩手県は最高ランクのホタテの産地。

「泳ぐホタテ」は厳選された岩手産ホタテを目利きし、自社の生簀できれいな海水を吸わせてから発送。

それにより、とれたてよりも雑味や臭みの少ないホタテになるそうです。

届きたては、箱を開けるとホタテがぱしゃぱしゃ音を立てるほど元気!

ユーモアのあるメッセージにほっこりします。

ホタテの捌きかたは超簡単で、同封されている専用のヘラで殻をはずすだけ。

なのですが、活きがよいので剥がそうとすると抵抗して口をパクっと閉じようとします。その力が結構強くて怯むほど。

きれいに剥がせました。

見よこの大きさ!肉厚でずっしり。ここまで立派なホタテは、BBQでもなかなかお目にかかれません。

まずはお刺身で。

ジューシーな甘み、ぷりぷりの歯ごたえは、活ホタテならでは。

新鮮なヒモもそのまま刺身で食べられるそうで、当日は刺身でいただき、残りは塩麹に浸けておき(臭みがとれ柔らかくなるそうです!)、翌日はバター醤油炒めに。

臭みがないホタテは、うちの2歳児がおかわりして食べるほどでした。

サイズによって値段は異なり、11~11.5㎝の大中サイズなら、5枚3025円~というお手頃価格。

ギフトや特別な日には、超特大(14~14.5㎝)や幻のホタテ(15㎝以上)がインパクトもあり楽しめるかなと思います。

新鮮なホタテの甘味と食感をぜひ、味わってみてくださいね。

Sponsored Link

-全国の名産品、お土産
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

うなぎパイV.S.O.P

うなぎパイの高級バージョン、「うなぎパイV.S.O.P.」をお土産にいただきました。 マカダミアナッツと高級ブランデーが使われており、通常のうなぎパイよりもサイズも大きめ。 ナッツの香ばしい風味が感じ …

「まるごとにっぽん」味見祭りで、全国の名産品を食べ比べ

日本各地の名産品を集めた浅草の商業施設「まるごとにっぽん」にて、各地の名産品を試食できる「味見祭り2018」が、10/6に開催。 全国の食材生産者や加工業者と、バイヤーやシェフとの出会いを目的に行われ …

子連れ岡山旅行①

GW、我が家と妹家族と両親という大所帯で、岡山へ旅行に行って来ました。 旅行先を周囲に話すと、みんな「なぜ岡山!?」という反応。。。 それだけ旅行先としてはマイナーな県、ということですね…。 旅の始ま …

「鍵善良房」300年以上の歴史を経てなお美しい、芸術的落雁

享保年間創業、京都の老舗和菓子店「鍵善良房」。 祇園の本店、高台寺店、ゼンカフェの3店舗。 いずれも喫茶メニューがあり、くずきりが名物として知られています。 創業からの代表作は、落雁。 木箱の中から現 …

「亀屋」手土産やお取り寄せに。房総の老舗の逸品「あわび姿煮」

千葉・南房総に7店舗を展開する「亀屋本店」は、1906年創業。 醤油、味噌の製造などを基盤に、戦後になって看板商品の「鯛みそ」を開発。 その他、鯛せんべいやびわぜりーなどが房総のお土産品として知られて …