「黒糖処 九六一八(くろいちや)」黒糖スイーツ専門店!

東京駅駅ナカの中でも、南側の外れのほうにあるため
意外に見落としがちな「京葉ストリート」。

フードライターrieの食日記

そのスイーツショップの一つ、、「黒糖処 九六一八(くろいちや)」
ユニークな黒糖スイーツの専門店。
「新宿中村屋」が展開するブランドで、大宮、町田の計3店舗を展開しています。

実は私、黒糖が大好きで目がないんですラブラブ
妹が小浜島(今は宮古島ですが)へ行き、現地の砂糖を送ってくれたり
仕事で沖縄黒糖の取材をして以来、すっかりファンに。

自宅の砂糖はもちろんですが、
黒糖ラテ、黒糖あんぱん、黒糖アイスなど、
商品名に「黒糖(黒蜜)」とあると大概買います(笑)

「九六一八」の黒糖スイーツは、
バウムクーヘン、かりんとう、饅頭の3本柱。

フードライターrieの食日記
「黒糖バウムクーヘン くろのき」は、
伊平屋村の黒砂糖をふんだんに使った生地に、黒蜜がけ。
食感はかなりしっとりタイプで、黒蜜が染み込んでジューシーな味わい。

バウムクーヘンの醍醐味ともいえる、生地の一層一層を感じられる食感ではなく
今流行のふわふわ、スポンジタイプです。

フードライターrieの食日記
「黒糖蜜万頭」は、葛粉を加えてしっとり、もっちりさせた生地で
こしあんと、波照間島産の黒糖を包んだもの。

フードライターrieの食日記
こしあんの中からとろりとした黒蜜が出てきて、黒糖の風味が贅沢に重なります。

かりんとうは、太めの「黒蜜がけ濃厚」をはじめ
「黒糖」、「生姜」、「柚子」の4種類。
今回は購入しませんでしたが、次回は買ってみよう音譜

ちなみに東京駅の駅ナカには、
大別してエキュート、グランスタ、そして京葉ストリートがありますが
経営は、JR東日本ステーションリテイリング、鉄道会館、JRリテールネットと、
おなじJRでも別会社なので、取材の際は個別に申し込みが必要なんです。

個人的には、全国の個人店を多く出店させているグランスタが好み。
アンテナの鋭いバイヤーさんが揃っているのでは、と感じます。

しかし、東京駅はどんどん新しいスイーツが登場するので
いつ訪れても飽きませんね。

ついつい浪費しちゃう危険なスポットです(笑)

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る