げんこつメンチ@ローソン

6月15日に発売になった、ローソンのげんこつメンチ。

販売直後、売り切れ続出でも話題になりましたが、

先日、母が珍しく「食べてみたい」と言うので購入してみました。

HPによると、

2層仕立てでブ厚く仕上げることで、内側の層に肉のうまみを閉じ込め、

肉の食感もしっかり楽しめる仕立てにしました

とのこと。

フードライターrieの食日記
ずっしりと重量感があり、見た目にはこれで150円はお値打ちな印象。

フードライターrieの食日記

割ってみると、お肉がぎっしり。

厚めの衣は、時間がたってもザクザクとした歯触りをキープ。

具は、粗挽き肉の食感がかなり残っていて噛みごたえがあり、

お肉好きの男性も満足できるボリューム。

胡椒の味がかなり強く(見た目にも黒い粒々が目立ちます)

食べた後にも舌に残る感じはジャンクフード感が否めませんが

ガッツリ食べたい若い人とか、おつまみを買う1人暮らしの男性とか、

コンビニのターゲット層にはハマる味なのでは、と感じました。

これよりまずいお惣菜屋さんはたくさんあるし、

コンビニのフライとしては、かなり完成度が高いのでは。

ローソンはバリエーション豊富なおにぎりにも定評がありますが

スイーツに続いて、フライ物も攻めてくるとは…

戦略的に主婦層の利用も取り込みたい狙いが伺えますが

普段コンビニを利用しない母がまんまと引っかかったあたり(笑)

各地で成功を収めているのではと感じます。

コンビニ業界が今後、

ますます飲食業界の脅威となることは明白。

シェアや価格競争では中小の飲食店はかないませんから

少なからずダメージを受ける店も多いでしょうね…。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る