フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

おしごと スイーツ

今月は和菓子づくし

投稿日:

今月は、珍しく和菓子の取材をしています。仕事柄、普段は洋菓子の取材が多いこともあり、和菓子はまだまだわからないことだらけ…。シンプルなだけに、取材がとても難しい。

厨房に入れてもらい、上生菓子の作り方を教えていただくと、ほとんど手作業で作られていることに改めて驚く。餅つきや小豆を炊くのは機械を使うけれど、大福を包む作業や、練り切りを仕上げていく工程などは、感覚が物を言うからレシピ化できない部分も多いのです。

もともと朝生菓子というのは、その日の朝に作られた菓子のこと。朝一番で生地をこね、成形されたお菓子をその日のうちにいただくのは、とても贅沢なことなのだと気付かされます。昔は当たり前だったようなことが、現代ではとても希少であることにも。

日本茶同様、和菓子も日本人の食卓に上らなくなり、文化の継承が困難になっていることに、業界の若い経営者たちは危機感を募らせています。そして、それと比例するように、新時代の和菓子を模索する新スタイルのお店もたくさん出てきています。我々世代よりも若い世代のほうが、逆に新鮮な価値観で新しい和菓子を評価できるのでしょう。

食の文化は、食べ続けることでしか伝えていけない部分も多いと思うから、日常の選択肢にもう少し、和菓子を増やしたいなと思ったのでした←甘いものを食べる言い訳w

Sponsored Link

-おしごと, スイーツ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アーバンライフメトロの記事がYahoo!ニュース掲載!

新しくお仕事させていただいているアーバンライフメトロの記事が、本日公開。 Yahoo!ニュースにも掲載されました! もともと、試食コメント記事よりも、こういう考察的な記事の方が好きなので、好きに書かせ …

シャンドワゾーの新作チョコレートケーキ

カフェスイーツで取材させていただいた、新作のチョコレートケーキ。 ガトーショコラとテリーヌショコラの生地をあえてマーブル状にして焼き上げた、両者のいいとこどり! テリーヌだけでは重たすぎることから、ガ …

「蕪木」喫茶とチョコレート

お世話になっている編集部の皆さんの集まりにお声がけいただき、楽しい宴。 昔とってもお世話になった大先輩からお土産にいただいたのが、蔵前「蕪木」のビーントゥーバーチョコレート。 パッケージから伝わる、そ …

「鍵善良房」300年以上の歴史を経てなお美しい、芸術的落雁

享保年間創業、京都の老舗和菓子店「鍵善良房」。 祇園の本店、高台寺店、ゼンカフェの3店舗。 いずれも喫茶メニューがあり、くずきりが名物として知られています。 創業からの代表作は、落雁。 木箱の中から現 …

シュークリームやエクレアが格安!ヨネザワの直売所

埼玉県にある、ヨネザワの直売所。千葉育ちの私は、ヨネザワのシュークリームってコンビニスイーツを食べるようになるまであまり馴染みがなかった(ファミマのシューはヨネザワが多い)のですが、埼玉育ちの夫は昔か …

 

料理専門誌を中心に、雑誌・WEB等で執筆中★
お仕事のご依頼・ご相談は、contactよりお気軽にどうぞ!