フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

おしごと スイーツ

今月は和菓子づくし

投稿日:

今月は、珍しく和菓子の取材をしています。仕事柄、普段は洋菓子の取材が多いこともあり、和菓子はまだまだわからないことだらけ…。シンプルなだけに、取材がとても難しい。

厨房に入れてもらい、上生菓子の作り方を教えていただくと、ほとんど手作業で作られていることに改めて驚く。餅つきや小豆を炊くのは機械を使うけれど、大福を包む作業や、練り切りを仕上げていく工程などは、感覚が物を言うからレシピ化できない部分も多いのです。

もともと朝生菓子というのは、その日の朝に作られた菓子のこと。朝一番で生地をこね、成形されたお菓子をその日のうちにいただくのは、とても贅沢なことなのだと気付かされます。昔は当たり前だったようなことが、現代ではとても希少であることにも。

日本茶同様、和菓子も日本人の食卓に上らなくなり、文化の継承が困難になっていることに、業界の若い経営者たちは危機感を募らせています。そして、それと比例するように、新時代の和菓子を模索する新スタイルのお店もたくさん出てきています。我々世代よりも若い世代のほうが、逆に新鮮な価値観で新しい和菓子を評価できるのでしょう。

食の文化は、食べ続けることでしか伝えていけない部分も多いと思うから、日常の選択肢にもう少し、和菓子を増やしたいなと思ったのでした←甘いものを食べる言い訳w

Sponsored Link

-おしごと, スイーツ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「これからのイタリア料理。」

柴田書店より、イタリア料理の技術本これからのイタリア料理。が発売になりました。 私が取材担当させていただいたのは、 ヴォーロコズィ 西口シェフ イ・ルンガ 堀江シェフ プリンチピオ 根岸シェフ ステッ …

軽井沢チョコレートファクトリーのおやつ。お得なセットも販売中

Yahoo!ニュースでも紹介させていただいた、軽井沢チョコレートファクトリー。看板商品のチョコレートボールやラスク以外にも、美味しいおやつがたくさんあります。どれも量がほどよく、おいしいうちに食べきれ …

鳩サブレのキャラ、鳩サブローがかわいい

鎌倉取材の帰り、つい衝動買いしてしまったこちら。 鳩サブレーの豊島屋、実はグッズも可愛いのです(高いけど…) きせかえができる、鳩サブローの消しゴム。 お子さんへのお土産にもいかがでしょう。 関連

「バターマスター」お取り寄せで話題!コミカルなキャラも人気のフィナンシェ

2018年8月にオープンしたフィナンシェ専門店「バターマスター」。 ネット販売のみの受注生産。 フランスで修業したシェフが作るこだわりのフィナンシェが話題です。 そして、どこか懐かしさのあるキャラクタ …

「PAFES」2週間限定!有名シェフ監修パフェの祭典

うなぎパイで有名な静岡の「春華堂」。 創業131年を迎えた2018年、六次産業にチャレンジするための施策として、全国47都道府県の生産者や作り手の素材を使ったかき氷のフェス「nicoe かき氷甲子園」 …

 

料理専門誌を中心に、雑誌・WEB等で執筆中★
allaboutでの執筆はコチラお仕事の依頼は、facebookまたは上記から経由できます