フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

おしごと スイーツ

専門料理7月号

投稿日:

ここ1~2年、ありがたいことに、専門料理でも定期的にお声がけいただけるようになりました。

最新号は、肉料理。

和洋中どのジャンルでもメイン料理の定番であるからこそ、オンリーワンの魅力が求められる。

専門料理は、私がこれまで担当してきた媒体の中でも、深く幅広く専門性を問われる雑誌。

和洋中の基本的な調理技術はもちろん、各国料理の歴史、伝統から最新の料理業界のトレンドまで、幅広く知識を蓄えていないと、表面的なインタビューになってしまう。

そして、登場するシェフは皆さんアーティスト(だと私は思っている)なので、彼らの言葉をかみくだいて、一般に分かりやすく変換して伝える、というのもライターの大事な仕事。

最近、ライターの力量とは、文章を上手に書く力ではなくて、取材に対してどれだけ下準備をし、相手を見極めて、どれだけ話を聞き出せるか、という取材力なんじゃないかと感じます。

ライター業も12年めになりますが、まだまだ、もっともっと、料理について深く知りたい。新しい知識を得るという行為は、ものすごい快感や達成感を伴うものだから。

学びとは一生続くものであり(それは学校の勉強に限らない)、人生を豊かにするものであることを、本当の学びの楽しさを、子供たちに背中で伝えていけますように。

Sponsored Link

-おしごと, スイーツ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「uchu wagashi」おしゃれでかわいい!京都発のモダン落雁

モダンでキュートな和菓子の代表格とも言える、京都の「uchu wagashi」。 パステル調のやさしい色合いと、洗練されたパッケージ、そして繊細な落雁の美味しさで京都土産としても人気のお店です。 写真 …

「大角玉屋」元祖いちご大福

いちご大福の元祖という新宿大角玉屋(おおすみたまや)のいちご豆大福を、お土産にいただきました。 レトロなパッケージとパンフレットが郷愁を醸します。 四谷三丁目での取材の際にいつもお店の前を通っていて、 …

「お菓子屋ビスキュイ」お菓子屋の理想郷

仕事柄、数えきれないくらいのお菓子屋さんを取材してきた中で、ひとつの理想形と思うお店が柴又の「お菓子屋ビスキュイ」。 パティスリーでなくお菓子屋、と謳っているところにお店のポリシーがよく現れていると思 …

「地元のごちそう国分寺・国立」本日発売です

お手伝いさせていただいた地元のごちそう 国分寺・国立、完成しました! 普段はお堅い専門誌をやっていますが、こういう一般向けの雑誌では、また違ったお話をお店から聞くことができて楽しかったです。 とくに、 …

専門料理2019年3月号

専門料理の最新号は、「前菜」特集。 特集と、連載の一部を執筆させて頂きました。 もう幾度となく取り上げられている特集の切り口ですが、それだけ料理人にとっては創意工夫しがいのある料理であり、個性が現れる …