小学校低学年におすすめのドリル

緊急事態宣言で休校になりもう1ヶ月以上、3月の臨時休校措置から考えると、約2ヶ月……。子供の家庭学習に頭を悩ませる親御さんも多いのではと思います。

娘(小2)は3月から、学校の緊急受け入れや学童に勉強道具を持参するため、ドリルも購入していました。その中で、娘が進んで解いていたドリルを紹介します。

かなりお世話になったのが、学研の「おはなしドリル」シリーズ。ホームページによると、推奨年齢は小1〜3となっています。都道府県のおはなし、世界のおはなし、名作、恐竜、など様々なジャンルがあり、それぞれのジャンルで短い文章題がたくさん載っています。大人が読んでもへぇー、と思う知識もあり、面白いですよ。

今、娘がハマっているのがドラゴンクエストの勇者ドリル。なかなか良い値段なのですが、問題もきちんと考えさせるようによくできています。

子供の大好きなシールも、ただ貼るのではなく地図になっているのもドラクエの世界観。推奨年齢は小2ですが、この時期だとまだ習っていない問題も多いので、3年生の復習としても使えそう。

女の子におすすめしたいのが、すみっこぐらしのプログラミングドリル。すみっこ、我が家も大好きで、このドリルも娘からのリクエスト。

プログラミングのドリルは書店にもまだあまり多くなく、親の私も習っていないことなので、どれをやらせたらいいのか比較もわからない…。本人がやる気になるのなら、と比較的評価の高いこちらを購入したのですが、問題もしっかりしていて、何よりかわいい!予想以上によかったです!

挿絵も多くてカラフルなドリルは子供のやる気を引き出すようですが、学校からたっぷり出されたモノクロのプリントは、娘もなかなか進まず…。残り2週間、毎日格闘です(^_^;)

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る