素敵なブログと、感謝の気持ち

昨日、原稿を書くのに調べ物をしていたら

偶然にも素敵な子育てブログに出会ってしまいました。

こちら

偶然にも、と書いたのは、このブログに出会った検索ワードが

「敬老の日 パン プレゼント」だったから(笑)

(何の原稿を書いていたのでしょうにひひ)

2人のお子さんのことを中心に、食だったり衣だったり

ご自分の好きなものについて書かれているのですが

その、お子さんに対する気持ちの描写が、とっても素敵で。

あぁ、私やっぱり物を書くの下手だわダウン

って素直に受け入れられちゃうほどなんですよ。

(って、物を書いてお金を貰っている仕事をしておきながら、

そんなこと言っちゃダメなんですけどねあせる

このブログを読んでいると

子育てって、親にとっては必死で子どもを育てているつもりなんですが

実際には、親が子どもに育てられているんだなー、ってつくづく感じるのです。

子どもにとっては無意識の仕草だったり

何気ない一言が、親にとってはかけがえのない宝物。

で、ブログの中でお子さんが

「私の選んだママが素敵でよかった」

と言ってくれるという一コマが出てくるのです。

いやー。

私は、とてもとてもそんなこと言ってもらえないだろうなぁ。

身なりは雑だし、家事も完璧にはできてないし…。

でも、言ってくれたら泣いちゃうなぁ。

なんて、まだまだ先のことを考えながら

ひとり涙していたわけです。

(だから原稿が滞ってしまうのですが…ガーン

それでふと気づいたのですが

私のブログを訪れてくれる方も

恐らくいろいろな検索ワードから辿り着いてくれているんですよね。

ネット上に数万(もっと?)ある個人ブログの中で

このブログを見つけてくれるなんて、本当に奇跡。

見つけてくださって、ありがとうございます。

そうそう、先日、私が大変お世話になっている人に

「子どもはひとつ何かをクリアしたら、もう前に進んじゃうんだよ。

だから、できないでもがいている姿もいっぱい記録しておきなさい」

って言葉をもらったのですが

その言葉の深さが、今ならわかる。

そう、子どもは自分のスピードで、どんどん前に進んでしまう。

それを成長と呼ぶのだけれど、嬉しい反面、寂しくもあるのが親の本音。

だけど、いつか親の元を離れて行ってしまう日まで、

出来る限り、そのすべてを近くで見ていられるようにと願います。

すでに保育園に預けてしまっているので

他のお母さんよりも見ててあげられる時間が少ないのも現実。

でも大事なのは、いつか娘に

「どうしておかあさんはすぐにお仕事をはじめたの」

と聞かれたときに、きちんと説明できるような自分になっていることだと思う。

そして近い将来、娘が言葉を話せるようになったら、

「おかあさん、好き」

と言ってもらうことが、いまのささやかな夢です。

今日はかなり自己満足なブログでしたあせる

おやすみなさい。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る