1周年

今日は、結婚一周年の記念日でした。
平日なので、日曜日に結婚式を挙げた場所でディナーをいただいてきましたワイン

もともと料亭からスタートした会場なので、お料理はオリジナルの和洋折衷スタイル。
自家菜園で栽培した野菜なども盛り込まれて、ヘルシー感のある内容です。
この会場に決めたのも、お料理のコースが豊富で、実際に食べてもおいしかったから、というのも大きな理由でした。

フードライターrieの食日記
前菜は、盛り合わせで。
セロリとタコのマリネ、タイと薬味のキュウリ巻き、豆乳ソースのバーニャカウダ、蝦蛄、穴子の手まり寿司、豚肉のパンチェッタ巻き。
和食ベースだと胃にやさしい気がしますね。

フードライターrieの食日記
お碗は、あいなめと湯葉。吸い口に柚子の爽やかな香り。
美しい白身が上品な装い。ふっくら淡白な味わいで、おだしもしみじみおいしい~。

フードライターrieの食日記
お造りは、大葉やミョウガ、大根などたっぷりの薬味と一緒にサラダ風に提供されるのがこちら流。
この食べ方がおいしくて、我が家でも早速真似しちゃいました。
写真はハタとマグロ。ハタのお刺身ってあまり食べたことないですが、ほどよく脂がのっておいしかったです。

フードライターrieの食日記
こしあぶらの素揚げを添えた、イサキ?のソテー。
間にネギが挟まれていて、香ばしい甘みを添えています。
下には、私の大好物のナスのソテー。これからの季節、ナスが恋しい時季ですねラブラブ

フードライターrieの食日記
続いては、三つ葉のあんがかかったハモの蒸し物。下には色鮮やかに煮たフキ。
カリカリのゴボウチップを添えていただきます。
1皿ごとのボリュームが結構あるので、この時点でかなりお腹いっぱいです…。

フードライターrieの食日記
お肉は、和牛のソテー。軽いマスタードのソース。
ベースが和なので、ソースが重すぎず食べやすいです。お肉もやわらか。

フードライターrieの食日記
〆のご飯ものは、鮎飯。
繊細な鮎の風味で、日本人に生まれてよかったなぁと思う。

フードライターrieの食日記

デザートは、メッセージ入りで登場。
イチゴのタルトと、メロンのグラニテ。
メロンの粒々が入っていてリッチな味わい音譜
そうそう、ここはコンクールなどにも出場しているパティシエさんがいるので、デザートのおいしさも魅力なんです!

お魚好きな私達にとっては、お魚がふんだんに盛り込まれたコースで大満足うお座

食後には、お庭で写真を撮ってくれたり、会場を案内してくれたり。
たった1年前なのに、ずいぶん昔のような気がして…懐かしい気持ちになりました。

この日は特別コースだったので、「今度来るときは、自分たちの式で選んだコースをもう一度食べたいね」とオットと話していました。

長い人生のまだ1年目ですが、これからも毎年の記念日を大事に積み重ねていきたいと思いますブーケ1

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る