【お取り寄せ】山形の醤油蔵で200年受け継がれてきた、秘伝の調味料「あけがらし」

先日まで主人がお取り寄せ本を作っていた関係で、全国の名品が我が家にやってきました(*´∀`)

なかでも調味料は、保存も効くしもらって嬉しいもののひとつ。

使いきるまでそこそこかかるものも多いので、なかなか新規のお取り寄せって勇気がいると思うんです。

でも、調味料ひとつでいつもの料理も驚くほど味が変わるのも事実。

少し高くてもいいものを使うと大事に使うし、料理していても楽しいし、プラスの要素の方が多いように感じます。

「あけがらし」は、山形の山一醤油で作られている調味料。

200年以上続く製法で仕込まれているそうで、原材料は、米公示、芥子、麻の実、生搾り醤油、三温糖のみ。

包み紙の裏を見ると、瓶詰めより徐々に味が変化するという説明書きが。

我が家が開封したのは瓶詰め後1ヶ月でしたので、まだ爽やかな辛味が残っている頃となりますが、唐辛子ではなく芥子の辛味なので、そこまでピリピリとは感じません。

辛味よりもまろやかな旨味が際立ち、芳醇な味わいと香りが重なりあう。

HPにある通り、これは白飯にのせるのがたぶん一番美味しい!

生野菜、おひたしなどの野菜や、豆腐などとも、もちろん合いそう。

時間が経つにつれ味の変化を楽しめるのもいい。

じっくり楽しみたいと思います。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る