フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

子育て 旅行

湯沢旅行①子供が喜ぶ仕掛けが満載のホテル「エンゼルグランディア越後中里」

投稿日:

毎年、校了と重なってお盆休みのない我が家。

保育園に通っている昨年までは9月以降に休みを取っていたのですが、今年からは小学生。

旅行は行けないかな~と考えていたら、突然「来週なら休みとれるかも」との主人の言葉。

その週、私はがっつり原稿を書かなくてはならなかったのですが、せっかくだから旅行行きたい!

ということで、急遽決めた2泊3日の旅行。

しかし、調べてみると夏休み料金って…本当にえげつない。

しかも、小学生になるとしっかり料金がかかってくるんですね…。

あまり高額でない金額で、かつ最終日は昼から私が仕事のため、車で行ける場所にしよう。

そして、娘の好きなスライダーやプールがあるところにしよう、とターゲットを絞り、見つけたのがここ

直前日にち限定割、というので大分安く泊まれました!

越後中里は、湯沢から近いスキーリゾート。夏の間は売りがないので、色々なイベントをやって客寄せをしています。

そして「子育て応援ホテル」を謳っているので、子連れへのサービスが手厚いのも選んだ理由。

朝5時に出発し、SAで朝食をとり、ホテルに8時半着。関越道は空いてて快適です。

フロントからして賑やかな雰囲気で、子供たちを迎えてくれます。

夏の売りの一つが、県内最大級というこのスライダー。

スライダーは5歳~。

結構迫力あるので私はパスしましたが、娘は楽しかったそう。若者も結構滑ってました。

3歳の息子は、こちらのゾーンで。

都内や有名なリゾートに比べると、かなり空いていて快適!

息子は迷路のような「びしょ濡れアドベンチャー」を気に入り、一人で20回くらいやってました…。

外には他に、玉入れやサッカーの的当て、宝探しなどのゲームエリアも。

こちらもすべて待ち時間ゼロ(笑)。

午前中いっぱい遊び、昼食は駅ビル「cocolo」「小嶋屋」へ。

本当は別のへぎそば屋さんに行く予定だったのですが、ここでひとつ誤算が…

越後湯沢の駅周辺が、尋常でない混みよう…

調べてみると、昨日までフジロックを開催していたのですね。大きなリュックを背負った若者がたくさん。

駅ビルも少し待ちましたが、久しぶりのへぎそば美味しかったです

ちなみにこの駅ビル、日本酒専門の「ぽんしゅ館」がかなり楽しくておすすめ!

酒屋のほか、ワンコインで飲み比べできる利き酒屋、爆弾おにぎり屋、麹を使ったスイーツショップ、つまみやお菓子の販売まで、酒好きもそうでない人も、ここ一軒でかなり楽しめます。

今回のお部屋。

広いだけで子供はテンションが上がるので、和洋室に。

バブル期のリゾートマンションを活用しているようで、誰かの家に来たみたいな間取り(笑)。

夕食後は、子供たちおまちかねのお祭りへ。

冬場はスキーのレンタル置き場などとして活用しているであろう一階のスペースで毎日開催されています。

ボーリングや玉入れ、コイン落としなど、3歳でも楽しめるものがたくさんあるのは、さすが子育て応援ホテル。

娘は射的が大好きで、しかもなかなかの腕前。

どの出店でもだいたいおまけしてくれるので、とても楽しめました!

→翌日に続きます!

Sponsored Link

-子育て, 旅行
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「幼稚園 7月号」噂のアイス自販機ふろく

本格的な付録が人気過ぎて、ついに初の重版がかかったという幼児雑誌「幼稚園」7月号。 これまで我が家も、ガチャポン、ピザーラ、ラーメンなど購入してきましたが、これいちばんかわいい。 作るのに40分ほどか …

「白久農園」時間無制限!子供と一緒でも思いきり楽しめるいちご狩り

久しぶりに帰省した週末、お天気も微妙だったので、近所のいちご狩りに行ってきました。 富津の白久農園、ずっと「しろひさ農園」、だと思っていたけど「しらきゅう農園」でした… ここはなんといっても、時間無制 …

「軽井沢スイートグラス」初心者でも楽しめる!子連れキャンプ

紅葉美しい北軽井沢に、3家族でキャンプに行って来ました。 ただしキャンプと言っても、泊まるのはコテージ。キャンプグッズ欲しい熱が高まる我が家にとっては、果たして本当に自前で揃える必要があるか?という見 …

「宮本農業」君津で枝豆収穫!

10月になりますが、君津の宮本農業さんへ、小糸在来の枝豆の収穫体験に行って来ました~。 20メートル1区画のオーナー制。半月ほどの収穫期間の間で、行けるときに行く仕組み。 1区画、思ったよりも量があり …

自粛生活で思うこと

取材活動がストップし、在宅ワークで子どもたちと過ごす日々が多くなりました。 家の中で、毎日何をするか…親が考えていたよりも、子どもたちは自分で色々工夫して遊ぶ。豊かな想像力って、本当に今だけの宝物なん …

 

料理専門誌を中心に、雑誌・WEB等で執筆中★
お仕事のご依頼・ご相談は、contactよりお気軽にどうぞ!