フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

中華

「麻布長江 香福筵」4/20をもって一時閉店。新たなステージへ

投稿日:2019年4月23日 更新日:

お世話になっている田村シェフの「麻布長江 香福筵」が、建物取り壊しのため4/20で一時閉店。

長坂シェフが99年に開業し、田村シェフがオーナーとなって10年。

多くの人に愛されたお店が、ひとつの歴史に幕を下ろしました。

写真は、田村シェフも参加されているおチームシェフの食事会にて訪れたときの特別コース。ムージャン(レモンの香りの野生の山椒)のジュレをかけたホッキガイの前菜からスタート。春らしく、そして田村シェフらしい可愛らしい盛り付け。

四川の定番、よだれ鶏。

新玉ねぎのパイと、山菜と自家製干し肉の春巻き。

田村シェフの春巻きは、季節の素材が色々登場して楽しい。大好きな料理のひとつ。

京鴨の香味炒め。しゃきしゃきとした野菜とともに。

海老団子のフカヒレスープ仕立て。

こちらも彩りがきれい。やさしい味で胃をリセット。

千代幻豚のキャベツ巻き 自家製緑の豆板醤のソース。

しっとりとした豚肉と辛味のソースで、ライトなお肉料理に仕上がっています。コースの品数もそこそこあるので、食べ疲れさせないバランス感覚もお見事。

ここで巨大な麻婆豆腐登場。

これは写真に撮りたくなりますね。もちろんこのあと取り分けてくださいました。

〆のごはんは、中華ちまき。

フルーツガーリックのピュレをアクセントにきかせたピータンのアイスとかぼちゃの泡。

これ、すごく美味しかったです。中華のデザートってあんまり期待できないことも多いけど、中華らしさもありつつ新しさもあって、とてもよかった。田村シェフは最後まで期待以上の美味しさを返してくれる。

最後にサプライズで、メゾンジブレーの江森シェフよりアントルメグラッセのプレゼント。

先日、試食会でいただいた西表島ピーチパインのジェラートでできたアイスケーキ。

店内一杯の人数のお客さんを迎えながら、待ちのストレスなく料理が提供され、ドリンクの提供やサービスもスムーズ。

シェフの料理はもちろんですが、チーム力、サービス力の高さにも改めて感動した夜でした。

移転先はまだ公表されていませんが、ご多忙な田村シェフ、少し充電期間をとって、またパワーアップして戻ってきてくださいね。

新たなステージを楽しみにしています!

Sponsored Link

-中華
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「香辣里」味坊の新店は、マニアックな湖南料理!

神田「味坊」を筆頭に、マニアックな中国料理を提供して人気の味坊グループ。 最新店舗の「香辣里(シャンラーリー)」は、中国の湖南料理がコンセプト。 三茶の駅前というアクセスのよさも素敵。東京東側が遠い人 …

「中国料理 豊栄」個性が楽しい!予約満席の人気中華

茗荷谷駅から徒歩7~8分、閑静な住宅街にある「中国料理 豊栄」。 横浜中華街や目黒の名店などを経て、渋谷の自然派チャイニーズ「月世界」でシェフを務めた進藤シェフが2016年4月にオープン。 「孤独のグ …

「山東」中華街の行列店!ココナッツ風味のタレでいただく絶品水餃子

週末、山手で開催されていた義父の写真展を鑑賞した帰り、中華街で3世代ランチ。 中華街のランチ、どこにしようか迷いますが、食べたいものを明確に選ぶのが吉。 四川なら「景徳鎮」、魚介なら「獅門酒楼」、点心 …

「麻布長江」田村シェフの繊細中華

レシピ本でもお世話になった田村シェフのお店に、年末家族でランチにお邪魔してきました。 子連れOKとのことで、子ども用の食器などもあらかじめセットされており、子ども用のメニュー(麺とか点心)も単品でオー …