フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

中華

「麻布長江」田村シェフの繊細中華

投稿日:

レシピ本でもお世話になった田村シェフのお店に、年末家族でランチにお邪魔してきました。

子連れOKとのことで、子ども用の食器などもあらかじめセットされており、子ども用のメニュー(麺とか点心)も単品でオーダーできたので、とても心地よく過ごせました。写真は子供用のシュウマイ。ジューシーで美味しい。

コースは、春菊のスープでスタート。

後味にほんのり、スパイシーな香り。

前菜盛合せ。

銚子のサバの烏龍茶スモークがめちゃくちゃおいしーい!

よだれ鶏はやさしい味でした。

冬の薬膳蒸しスープ。具は鴨や蕪など。

年末の疲れた胃に染み入ります。

菜花と筍、豆乳クリームの春巻。

季節の素材で作る田村シェフの春巻、大好きです。

豆腐の上海蟹味噌ソース。

これも、すごく穏やかな味でした。銀杏のほのかな苦味とよく合う。

メインはオリーブ牛のロースト 怪味ソース。

肩ロースと言っていた気がしたけど、結構脂がのってて柔らかでした。

選べる〆は、炒飯、汁なし担々麺、黄韮の汁そばなどをめいめいで。

どれを選んでも美味しいのですが、とくに麺料理は、オリジナルの麺がとても美味しい。

デザートは、桂花陳酒のゼリーと、杏仁豆腐、胡桃の飴がけ。

勤勉な田村シェフは、中国料理の歴史や食材などの知識も豊富。

その上で、これまでの経験を生かしながら、客層にも配慮したオリジナルの料理を追及していると感じました。

王道の料理もあり、誰を連れてきても満足してもらえる店だと思います。

今度はぜひ、アラカルトで色々食べてみたいです。

Sponsored Link

-中華
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「慈華itsuka」田村シェフの新店舗!

昨年4月、建物の取り壊しのため閉店した「麻布長江 香福廷」。 昨年12月、田村シェフの新店舗が外苑前に誕生。チームシェフの皆さんと、ランチに伺いました。 この日のお品書き。 まずはよだれ鶏の前菜。 香 …

「慈華」ごちそう中華をお取り寄せ

コロナの影響が想定外に長引きそうだと悟り、本格的に通販を始めるレストランが増えましたね。夫婦でお世話になっている外苑前の中華「慈華」さんでは、早い段階からお家で楽しめるお取り寄せを販売しており評判です …

「香辣里」味坊の新店は、マニアックな湖南料理!

神田「味坊」を筆頭に、マニアックな中国料理を提供して人気の味坊グループ。 最新店舗の「香辣里(シャンラーリー)」は、中国の湖南料理がコンセプト。 三茶の駅前というアクセスのよさも素敵。東京東側が遠い人 …

「麻布長江 香福筵」4/20をもって一時閉店。新たなステージへ

お世話になっている田村シェフの「麻布長江 香福筵」が、建物取り壊しのため4/20で一時閉店。 長坂シェフが99年に開業し、田村シェフがオーナーとなって10年。 多くの人に愛されたお店が、ひとつの歴史に …

「山東」中華街の行列店!ココナッツ風味のタレでいただく絶品水餃子

週末、山手で開催されていた義父の写真展を鑑賞した帰り、中華街で3世代ランチ。 中華街のランチ、どこにしようか迷いますが、食べたいものを明確に選ぶのが吉。 四川なら「景徳鎮」、魚介なら「獅門酒楼」、点心 …

 

料理専門誌を中心に、雑誌・WEB等で執筆中★
allaboutでの執筆はコチラお仕事の依頼は、facebookまたは上記から経由できます