「麻布長江」田村シェフの繊細中華

レシピ本でもお世話になった田村シェフのお店に、年末家族でランチにお邪魔してきました。

子連れOKとのことで、子ども用の食器などもあらかじめセットされており、子ども用のメニュー(麺とか点心)も単品でオーダーできたので、とても心地よく過ごせました。写真は子供用のシュウマイ。ジューシーで美味しい。

コースは、春菊のスープでスタート。

後味にほんのり、スパイシーな香り。

前菜盛合せ。

銚子のサバの烏龍茶スモークがめちゃくちゃおいしーい!

よだれ鶏はやさしい味でした。

冬の薬膳蒸しスープ。具は鴨や蕪など。

年末の疲れた胃に染み入ります。

菜花と筍、豆乳クリームの春巻。

季節の素材で作る田村シェフの春巻、大好きです。

豆腐の上海蟹味噌ソース。

これも、すごく穏やかな味でした。銀杏のほのかな苦味とよく合う。

メインはオリーブ牛のロースト 怪味ソース。

肩ロースと言っていた気がしたけど、結構脂がのってて柔らかでした。

選べる〆は、炒飯、汁なし担々麺、黄韮の汁そばなどをめいめいで。

どれを選んでも美味しいのですが、とくに麺料理は、オリジナルの麺がとても美味しい。

デザートは、桂花陳酒のゼリーと、杏仁豆腐、胡桃の飴がけ。

勤勉な田村シェフは、中国料理の歴史や食材などの知識も豊富。

その上で、これまでの経験を生かしながら、客層にも配慮したオリジナルの料理を追及していると感じました。

王道の料理もあり、誰を連れてきても満足してもらえる店だと思います。

今度はぜひ、アラカルトで色々食べてみたいです。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る