フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

スイーツ 手土産・ギフト

「BELTZ」話題のバスクチーズケーキ

投稿日:2019年4月13日 更新日:

真っ黒い見た目と、とろけるような食感で話題沸騰中のバスクチーズケーキ。

7~8年前、まだ全く無名の頃にとある店でいただいたものは、ヤギのチーズを使ったものでわりと食べにくいものでした…

今回ブームとなっているバスクチーズケーキは、サンセバスチャンのバルの名物ケーキがモデルとなっているそう。

話題の1店、広尾のベルツ広尾に取材で訪れました。

普段は店内でいただくことはできないのですが、特別に少しだけ試食をいただきました。

チーズと生クリームをたっぷり加え、絶妙な火加減で焼き上げることで生まれる食感と焼き色が、このスイーツの持ち味。

作りたてとあって、驚くほどクリーミーでなめらか!チーズそのものを食べているようで、ちゃんとスイーツとして着地している、不思議な感じ。これは確かに、他人に話したくなる味わいです。

さらに、ギフトで人気の理由は、このおしゃれなパッケージ。

店名ロゴのシンプルな基本デザインに加え、誕生日やクリスマスなどイベントごとのラベルが選べるようになっています。

最近ではローソンがバスク風チーズケーキ「バスチー」を発売。

大々的なプロモーションの効果もあり売れ行き好調のようで、今後ますますバスクチーズケーキの知名度は高まりそうです。

ただし、、、

バスクチーズケーキは、とてもシンプルなスイーツなので、比較的真似がしやすいのがデメリットとなる部分もありそう。すでに多くの専門店が出始めていますね…。かつてのパンデュローに近い雰囲気があります。

それでも、きちんと信念をもって作っているお店はずっと残ると思うので、ブームに流されずに頑張ってほしいです。

Sponsored Link

-スイーツ, 手土産・ギフト
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「アトリエうかい」秋の小箱

鉄板焼や懐石など高級レストランを手掛けるうかいグループから誕生した、初の菓子専門店「アトリエうかい」。 たまプラーザ店からスタートし、現在は品川、調布にも展開しています。 レストランの感性で作る繊細な …

「宝寿茶」美味しく飲める野草茶。

お土産でいただいた宝寿園の野草十八茶。 本店は飯田橋にあり、もとは料亭が食後に出していたお茶を商品化したものだそう。 陰陽五行説に基づき、18種類の素材がブレンドされています。 入っているのは、ハトム …

「リョウラ」2018おつかれケーキ

2018年の〆ケーキは、用賀「リョウラ」にて購入。 主人の職場の近くなのに、なかなか買ってきてもらえず…年の瀬にようやく買えました。 店内は、年始の手土産を買い求めるお客さんで大混雑。 残り少ないプチ …

「HiO ICE CREAM」国産素材にこだわり!自由が丘の新しいアイス屋さん

自由が丘に2019年4月にオープンしたばかりのジェラートショップ、「Hio icecream」。 経営などは、こちらのリリースに詳しく書かれています。 店舗はガラス張りの厨房が半分以上を占めており、ま …

「ルセット」クラシックを聴いて美味しくなる、高級食パン

高級食パン食べ比べ、この日は世田谷の「ルセット」。 パン好きはみんな知ってる有名店ですね。今年で創業20年というのが驚き! 見ての通りのサイズ&重量感…3斤3500円とお値段も張りますが、さす …