フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

スイーツ 手土産・ギフト

「BELTZ」話題のバスクチーズケーキ

投稿日:2019年4月13日 更新日:

真っ黒い見た目と、とろけるような食感で話題沸騰中のバスクチーズケーキ。

7~8年前、まだ全く無名の頃にとある店でいただいたものは、ヤギのチーズを使ったものでわりと食べにくいものでした…

今回ブームとなっているバスクチーズケーキは、サンセバスチャンのバルの名物ケーキがモデルとなっているそう。

話題の1店、広尾のベルツ広尾に取材で訪れました。

普段は店内でいただくことはできないのですが、特別に少しだけ試食をいただきました。

チーズと生クリームをたっぷり加え、絶妙な火加減で焼き上げることで生まれる食感と焼き色が、このスイーツの持ち味。

作りたてとあって、驚くほどクリーミーでなめらか!チーズそのものを食べているようで、ちゃんとスイーツとして着地している、不思議な感じ。これは確かに、他人に話したくなる味わいです。

さらに、ギフトで人気の理由は、このおしゃれなパッケージ。

店名ロゴのシンプルな基本デザインに加え、誕生日やクリスマスなどイベントごとのラベルが選べるようになっています。

最近ではローソンがバスク風チーズケーキ「バスチー」を発売。

大々的なプロモーションの効果もあり売れ行き好調のようで、今後ますますバスクチーズケーキの知名度は高まりそうです。

ただし、、、

バスクチーズケーキは、とてもシンプルなスイーツなので、比較的真似がしやすいのがデメリットとなる部分もありそう。すでに多くの専門店が出始めていますね…。かつてのパンデュローに近い雰囲気があります。

それでも、きちんと信念をもって作っているお店はずっと残ると思うので、ブームに流されずに頑張ってほしいです。

Sponsored Link

-スイーツ, 手土産・ギフト
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「お菓子屋ビスキュイ」お菓子屋の理想郷

仕事柄、数えきれないくらいのお菓子屋さんを取材してきた中で、ひとつの理想形と思うお店が柴又の「お菓子屋ビスキュイ」。 パティスリーでなくお菓子屋、と謳っているところにお店のポリシーがよく現れていると思 …

「横浜ハンマーヘッド」体験型の食スポットがみなとみらいに誕生!

横浜赤レンガ倉庫のさらに先、埠頭に新たな商業施設「横浜ハンマーヘッド」がオープン。 内覧会にお邪魔してきました。 商業ゾーンは「食の体験施設」をコンセプトにしており、2階建て全25店舗。 馬車道に本店 …

「蕪木」喫茶とチョコレート

お世話になっている編集部の皆さんの集まりにお声がけいただき、楽しい宴。 昔とってもお世話になった大先輩からお土産にいただいたのが、蔵前「蕪木」のビーントゥーバーチョコレート。 パッケージから伝わる、そ …

「パティスリーモデスト」くすのき団地の洗練ケーキ

調布市国領のくすのきアパート(ご近所では、通称くすのき団地)内にオープンした、おしゃれなフランス菓子店。 娘の好きだった絵本の名前と同じ、くすのき団地。ほんとにあるんだ~とちょっと感動。 シェフは、名 …

「トリュフベーカリー」ワインがすすむ!トリュフ香る大人のパン

ワインに目覚めて以来、夕食の食卓にパンがのぼる機会が増えました。 美味しいパンと生ハム、サラダ、チーズがあれば幸せ。 この日は、主人のお土産で「トリュフベーカリー」のパン。 門前仲町と三茶に店を構える …

 

料理専門誌を中心に、雑誌・WEB等で執筆中★
allaboutでの執筆はコチラお仕事の依頼は、facebookまたは上記から経由できます