「香辣里」味坊の新店は、マニアックな湖南料理!

神田「味坊」を筆頭に、マニアックな中国料理を提供して人気の味坊グループ。

最新店舗の「香辣里(シャンラーリー)」は、中国の湖南料理がコンセプト。

三茶の駅前というアクセスのよさも素敵。東京東側が遠い人間にとってはありがたい。

湖南というと激辛料理で有名ですが、実は辛いだけではない独自の食文化が根付いている土地。

「香辣里」では、発酵・燻製・ハーブをテーマにした個性的な郷土料理がいただけます。

写真はその一つで、発酵させた魚を用いた料理。

とはいえ日本のくさやのような強烈な臭いはなく、水分を抜きながら発酵させるので独特の旨みをもった味に。

自家製の干肉も、湖南の名物。

同店でも様々な料理に用いています。写真は唐辛子との炒め物。お酒が進む味。

ヤギ肉は、レモンやネギの爽やかな味付けで。

ヤギというと沖縄のヤギ汁が有名ですが、臭くて食べられなかった、という人も多いのでは(私もそうでした…)。

沖縄のヤギが臭いのは、処理に問題があるそうで、肉そのものの臭みはそこまでないんだそう。

実際にこちらではオーストラリアのヤギを使っていますが、なんの肉かわからないほど臭みがない!

味坊グループの定番、セルフサービスの自然派ワインも、もちろんあります。

ユニークなのは、自家製のトマトハイやハイボールなどの割ものドリンク。

写真撮り忘れたのが悔やまれるのですが…バーボンに中国紅茶や桃烏龍茶を漬け込んだハイボール、ニンニク風味のトマトハイなど、スパイシーな湖南料理にあうドリンクもぜひ味わいたいところ。

子連れではなかなか行きにくいマニアックな料理ですが、お酒好き、中華好きにはおすすめです!

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る