フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

スイーツ

「お菓子屋ビスキュイ」お菓子屋の理想郷

投稿日:

仕事柄、数えきれないくらいのお菓子屋さんを取材してきた中で、ひとつの理想形と思うお店が柴又の「お菓子屋ビスキュイ」

パティスリーでなくお菓子屋、と謳っているところにお店のポリシーがよく現れていると思うのですが、恐らく都内屈指の繁盛店だと思います。

とにかくアイテム数が多くて目移りするのですが、特徴的なのは常時30種類以上を揃えるアントルメと、サービス精神たっぷりの大ぶりなケーキ。

今時、300円台とかで売られているので本当に驚きます。そしてどれも素直に美味しい!

この日は取材前に余裕をもって到着し、しっかり隣のカフェでスイーツタイム。

ショーケース前でかなり悩んで選んだのは、「いばらキッスのカーディナル」480円。ふわふわなビスキュイに、ミルキーなクリームがたっぷり。いちごも大きいのがごろごろ。

コーヒーにはチョコサブレと焼きドーナツのお茶請けもついてきて、スイーツ好きにはたまりません。

ケーキ、可能なら2個食べたかったけど、ビスキュイさんのはひとつでかなり食べごたえがあるので、美味しく食べきるためにも断念…

チーズケーキの上にプチシューなどがのった「本日のケーキ」も美味しそうだったし、いばらキッスのモンブランも捨てがたかったな~。

カフェは10席ほどでランチも提供しているので、競争率も高そう。この日も12時前に満席でした。

古典的なフランス菓子や、モダンな最先端のお菓子ではないけれど、きっと誰もが美味しいと笑顔になるお菓子。

そして、ここはスタッフの労働環境も素晴らしい。

「ここまでやっているお店、なかなかないですよね」と駒水シェフに伝えると、「でも、一般企業だったらいくらでもあるでしょ」とのお言葉が。

ついパティスリー業界で、という視点で見てしまっていたけれど、深刻な人手不足を解消するには、他業種と同じレベルで働きやすい環境を整える必要があるのだと再認識しました…。

個人規模で経営できる小さなパティスリーが増えつつある時代に、これだけの規模のお菓子屋さんを運営し、しかも繁盛させ続けている…という奇跡のようなお店。

地方こそ、こうした夢のあるお菓子屋さんが地域に求められると思うので、パティスリーの一成功モデルとして、これからも第一線を走り続けていただきたいです。

Sponsored Link

-スイーツ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「レピドール」田園調布で優雅にティータイム

我が家からわりと近いけど、ほぼ降りたことのない田園調布。 最近は駅前に食パン専門店「嵜本」ができて賑わっていますが、反対側のこちらはさらに閑静な雰囲気で、足を踏み入れるのがためらわれるほど。 そんな駅 …

「メゾンジブレー」秋冬新作発表会に参加してきました!

全国から取り寄せるフルーツを使い、ケーキやジェラート、アイスケーキで楽しませてくれる中央林間のパティスリー「メゾンジブレー」。 秋冬の新作発表会にお招きいただきまして、ウキウキと出掛けて参りました。 …

「TEN-TON」美味しいチーズケーキをお取り寄せ

お手伝いさせていたいた「カフェ-スイーツ」にて紹介した、お取り寄せチーズケーキの「テントン」。 創業は2004年。 工房は奈良にあり、チーズケーキは基本的に1種類、販売はお取り寄せか出張イベントのみ。 …

「アンビグラム」鎌倉ティータイム

鎌倉での取材終わり、久しぶりにアンビグラムへ。 ピスタチオとグリオットのサントノーレと、ハーブティーをいただく。 ここは、シェフこだわりの中国茶やハーブティーもおいているので、お茶も楽しめるのが嬉しい …

「鎌倉茶々」極濃抹茶ジェラートに行列

スイーツ天国、鎌倉。 観光客向けの店が多いけど、観光地のなかでは群を抜いてレベルの高いスイーツやオリジナリティのあるスイーツが多いエリアだと感じます。 だから、仕事で鎌倉に行くといつもどこに寄ろうかと …