「スペイン菓子工房ドゥルセ・ミーナ」素朴で美味しいスペイン菓子

ある日のおやつ。

茨城県守谷市にあるスペイン菓子工房ドゥルセ・ミーナさんのスペイン菓子。

フランス菓子大国の日本では、ほとんど知られていないであろうスペイン菓子。

スペインは、アーモンドの生産量が世界第2位ということもあり、アーモンドを使ったお菓子が豊富。

また、バニラの代わりにシナモンやアニス、柑橘系の香料で香りづけしたりするのも特徴だそう。

バターのお菓子ともいえるフランスの焼き菓子にたいして、スペインではラードやオリーブオイルを使うそう。イタリアとも違う個性があるのですね。

いただいたのは、日本でも知名度のあるポルボロン(ホロホロとしたクッキー)、ヘーゼルナッツのマンテカート、ワインで香りづけしたロスコ・ディ・ヴィノ。

どれもホロホロくずれるような繊細な食感。バターの重みがないので、日本の落雁みたい。

パッケージもとてもかわいいので、ギフトにも喜ばれそうですね。

ホームページから購入できるので、他のお菓子も買ってみたいと思います(^^)

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る