「ファミマ」コーヒーマシンがリニューアル!「濃いめ」やスペシャルティも選べる!

ファミマの新商品発表会、続いては新しくなったコーヒーマシンについて。

2013年からコンビニが次々とコーヒーマシンを導入し、「コンビニコーヒー戦争」の幕が開いた。

それから5年。

コンビニ業界では、第二次コーヒー戦争と言われる時期に到達。

セブンイレブンは昨年、ホットのカフェラテを導入し、2018年3月にドリップコーヒーの味を大幅刷新。現代のお客に好まれる、より深い味わいにリニューアルしました。私も新旧飲み比べをさせていただきましたが、本当に香りやコクが格段にアップしており、これが100円で飲めるのか…と驚いたものです。

そしてローソンも、今年2月に新型マシンを導入。

機能は同じエスプレッソ式ですが、抽出時間を大幅に短縮することでお客の待ち時間を軽減。

手渡しスタイルについても、引き続き継続の見込みです。

ちなみにマシンについて補足すると、これまで、セブンイレブンはドリップ式、ローソン、ファミマはエスプレッソ式を採用していましたが、今回のリニューアルでファミマもドリップ式にギアチェンジ。

開発担当者はその背景を、次のように語っていました。

「消費者の嗜好を考えると、こくがありながらもすっきりとした味わいを求めるニーズが高いと感じ、それには従来のエスプレッソマシンではなく、ドリップ式が適していると考えた。また、女性に人気のラテでは、ふわふわのフォームドミルクが作れるようになり、より専門店に近い品質を提供できるようになった」

この「ふわふわミルクのラテ」は、今回のリニューアルの大きな強みとしており、実際に新旧飲み比べてみると、泡のもちが全然違う!(右が旧、左が新)

ミルクのきめが細かいことでミルク感もアップし、味わい深いラテになっていました。

そしてさらに興味深いのは、普通のコーヒーで「濃いめ」が選べること。しかも同料金!

さらに、コーヒー好きに嬉しい「スペシャルティ」も。なんと180円です。

しかもスペシャルティの紙カップだけ、少しいいカップなんだとか。確かに手触りが違います。

こちらも試飲させていただきましたが、ほどよい酸味とフルーティーな香りで美味。

スペシャルティコーヒーはローソンでも提供していますが、こちらの方がかなりお安いのも魅力。現在は、エチオピア・イパネア農園のモカブレンドを使用していますが、今後また入れ替わっていくようです。

さらに、従来メニューのフラッペなど、ドリンクメニューの豊富さも強みにし、競合他社との差別化を図っています。

コンビニコーヒーが世に出てまだ5年ですが、自分の行動を振り返ってみても、明らかに購入頻度が増えていると感じます…

350円のコーヒーだとちょっと躊躇するけど、100円なら気軽に買える、という点が大きいように思いますが、要はそれだけコーヒーを日常的に飲みたいというの潜在的なニーズがあるということ。

ますます面白くなってきたコンビニコーヒー、これからも定点観測していきたいと思います。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る