フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

中華

「中国料理 豊栄」個性が楽しい!予約満席の人気中華

投稿日:

茗荷谷駅から徒歩7~8分、閑静な住宅街にある「中国料理 豊栄」

横浜中華街や目黒の名店などを経て、渋谷の自然派チャイニーズ「月世界」でシェフを務めた進藤シェフが2016年4月にオープン。

「孤独のグルメ」(私も大好きです)に出たことでも話題のお店です。

人気の理由は、四川、広東といった従来の枠にとらわれないオリジナルメニューの数々。

進藤シェフのモットーは、高級食材に頼らず、誰でも手に入る普通の食材を使い、手間をかけてとびきり美味しい料理を作ること。

調理はシェフお一人だそうですが、アラカルトで常時50品以上のメニューが並びます。

鶏肉の唐辛子炒めはよくあるけれど、こちらはラム肉を使った料理。

少しクセのあるラム肉に、スパイシーな風味がよく合います。

こちらは、要予約メニューの「丸鶏の八宝詰め蒸し」。

骨と内蔵を抜いた丸鶏のお腹に、根菜や海老、イカ、帆立、きのこなどの詰め物をして油通しし、特製のたれと一緒に蒸籠で蒸しあげるという手間をかけた料理。

仕込みが大変なので、最近はあまり提供しているお店がないそうですが、中国の料理人の試験としてこの丸鶏の骨抜きの作業が出題されることもあったという伝統料理のようです。

様々な具材から出る旨味が混ざり合い、なんとも贅沢。

味の決め手となる自家製の醤は、おつまみとしても楽しめます。

様々な料理に使っている豊栄醤をはじめ、ヤーツァイや干しエビの旨味のきいた醤など、中華好きならこれだけでお酒が飲めちゃいます。

しかも、紹興酒も中国各地のお酒が揃い、飲み比べセットなどでも楽しめちゃう。

近所にあったら頻繁に通うなぁ…。

みんなで行って色々食べたくなる、素敵なお店でした!

Sponsored Link

-中華
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「麻布長江」田村シェフの繊細中華

レシピ本でもお世話になった田村シェフのお店に、年末家族でランチにお邪魔してきました。 子連れOKとのことで、子ども用の食器などもあらかじめセットされており、子ども用のメニュー(麺とか点心)も単品でオー …

「麻布長江 香福筵」4/20をもって一時閉店。新たなステージへ

お世話になっている田村シェフの「麻布長江 香福筵」が、建物取り壊しのため4/20で一時閉店。 長坂シェフが99年に開業し、田村シェフがオーナーとなって10年。 多くの人に愛されたお店が、ひとつの歴史に …

「山東」中華街の行列店!ココナッツ風味のタレでいただく絶品水餃子

週末、山手で開催されていた義父の写真展を鑑賞した帰り、中華街で3世代ランチ。 中華街のランチ、どこにしようか迷いますが、食べたいものを明確に選ぶのが吉。 四川なら「景徳鎮」、魚介なら「獅門酒楼」、点心 …

「香辣里」味坊の新店は、マニアックな湖南料理!

神田「味坊」を筆頭に、マニアックな中国料理を提供して人気の味坊グループ。 最新店舗の「香辣里(シャンラーリー)」は、中国の湖南料理がコンセプト。 三茶の駅前というアクセスのよさも素敵。東京東側が遠い人 …