フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

スイーツ 手土産・ギフト

「megan」渋谷bridgeのときめく焼き菓子

投稿日:2019年3月1日 更新日:

取材先にお土産でいただいた「megan」の焼き菓子。

お店は、2018年9月にオープンした渋谷ブリッジ内にあります。

お店のコンセプト(HP引用)は、以下の通り。
クラシックで遊びの効いたパティスリーと、姉妹店で朝焼き上げた焼きたてパンの朝食、こだわりのコーヒーと日本茶のセレクション、ディナーのファインフードまで楽しめるオールデイカフェ&レストラン

HPで見る限りですが、お店がすごくおしゃれです!

調べてみると、「GARDEN HOUSE CRAFTS」などを手掛ける「THINK GREEN PRODUCE」が運営しているようですね。

お菓子は、富ヶ谷「path」の後藤パティシエ率いるtangentes(タンジェント)が手掛けているそうで、その美味しさはお墨付き。

表面がさっくり焼かれたマドレーヌも美味しかったのですが、ホロホロとほどけるクッキーが印象的。

米粉とアーモンドパウダーなどを使い、バターや卵は不使用だそう。シナモンの風味が効いていて、お茶請けにぴったりでした。

昨今は、純粋なパティスリーでなくてもこうして美味しいお菓子が買える時代。

そして、タンジェントに代表されるように、パティシエたちの働き方改革も、少しずつ進んでいる。オーナーシェフとしてパティスリーを開くだけではなく、お菓子作りに携わっていく方法が。

同時に消費者も、単にブランドやシェフだけではなくて、お店の雰囲気や接客、ときめくパッケージなど、自分が心地よいと思うお店で購入するようになっているなぁ、と感じます。

今度はイートインでケーキを食べてみたいと思います!

Sponsored Link

-スイーツ, 手土産・ギフト
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「#日本酒部」発売!

「#ワイン部」、に続き出版された「#日本酒部」。 少しだけお手伝いさせていただきました。 それぞれ初心者向けの内容のシリーズなので、興味がある方、ぜひ手にとってみてください! 関連

めちゃくちゃ好みでした。「ミシャラク」のクーニー

2018年、パリから上陸したミシャラク。2019年には伊勢丹新宿店にも店舗ができ、購入しやすくなりました。 スペシャリテは、クッキーとブラウニーを組み合わせたグルテンフリーの「クーニー」。 1個ずつ購 …

「宝寿茶」美味しく飲める野草茶。

お土産でいただいた宝寿園の野草十八茶。 本店は飯田橋にあり、もとは料亭が食後に出していたお茶を商品化したものだそう。 陰陽五行説に基づき、18種類の素材がブレンドされています。 入っているのは、ハトム …

「亀屋」手土産やお取り寄せに。房総の老舗の逸品「あわび姿煮」

千葉・南房総に7店舗を展開する「亀屋本店」は、1906年創業。 醤油、味噌の製造などを基盤に、戦後になって看板商品の「鯛みそ」を開発。 その他、鯛せんべいやびわぜりーなどが房総のお土産品として知られて …

「アルノーラエール」フランス巨匠のパティスリー

パリに3店舗展開し、日本のチョコレートの催事でも人気の高い「アルノー・ラエール」の日本1号店。 私がこの名前を初めて耳にしたのはもう10年以上前。パリセヴェイユ金子シェフなど、著名なパティシエの修業先 …