フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

スイーツ 手土産・ギフト

「megan」渋谷bridgeのときめく焼き菓子

投稿日:2019年3月1日 更新日:

取材先にお土産でいただいた「megan」の焼き菓子。

お店は、2018年9月にオープンした渋谷ブリッジ内にあります。

お店のコンセプト(HP引用)は、以下の通り。
クラシックで遊びの効いたパティスリーと、姉妹店で朝焼き上げた焼きたてパンの朝食、こだわりのコーヒーと日本茶のセレクション、ディナーのファインフードまで楽しめるオールデイカフェ&レストラン

HPで見る限りですが、お店がすごくおしゃれです!

調べてみると、「GARDEN HOUSE CRAFTS」などを手掛ける「THINK GREEN PRODUCE」が運営しているようですね。

お菓子は、富ヶ谷「path」の後藤パティシエ率いるtangentes(タンジェント)が手掛けているそうで、その美味しさはお墨付き。

表面がさっくり焼かれたマドレーヌも美味しかったのですが、ホロホロとほどけるクッキーが印象的。

米粉とアーモンドパウダーなどを使い、バターや卵は不使用だそう。シナモンの風味が効いていて、お茶請けにぴったりでした。

昨今は、純粋なパティスリーでなくてもこうして美味しいお菓子が買える時代。

そして、タンジェントに代表されるように、パティシエたちの働き方改革も、少しずつ進んでいる。オーナーシェフとしてパティスリーを開くだけではなく、お菓子作りに携わっていく方法が。

同時に消費者も、単にブランドやシェフだけではなくて、お店の雰囲気や接客、ときめくパッケージなど、自分が心地よいと思うお店で購入するようになっているなぁ、と感じます。

今度はイートインでケーキを食べてみたいと思います!

Sponsored Link

-スイーツ, 手土産・ギフト
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「井泉本店」老舗の味をテイクアウト。やわらかカツサンド

お世話になっている柴田書店にて、座談会の取材。昼食に出していただいたのが、1930年創業の老舗「井泉本店」のカツサンド。カツサンドの生みの親と言われているそう。 下谷花柳界の芸者衆のために考案されたと …

「ロタンティック」南浦和で本格フランス菓子

この日は取材で、南浦和のロタンティックさんへ。年末の忙しい時期なのに、お受けいただき本当に感謝。皆さんに取材をお受けいただけるから、雑誌も作れるのです。いつもありがとうございます。 オーナーシェフの関 …

「L’ATELIER HIRO WAKISAKA(ラトリエ ヒロ ワキサカ)」モンサンクレール出身のシェフが武蔵小杉で独立!

2018年8月、武蔵小杉から徒歩5分ほどのタワーマンション1階にオープンしたパティスリー「ラトリエ ヒロ ワキサカ」。 同施設には、元住吉駅前にあった「ブーランジェリーメチエ」、「猿田彦珈琲」、三笠会 …

「Mr.Tonto」ココアが30種類以上!小さなココア屋さん

代官山に2014年にオープンし、2018年、下高井戸に移転した小さなココア屋さん。 ココアだけで商売してるなんてすごいな、という好奇心とともに、店構えも思わず入ってみたくなる不思議な吸引力があります。 …

専門料理7月号

ここ1~2年、ありがたいことに、専門料理でも定期的にお声がけいただけるようになりました。 最新号は、肉料理。 和洋中どのジャンルでもメイン料理の定番であるからこそ、オンリーワンの魅力が求められる。 専 …