フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

スイーツ

「アンフィニ」金井シェフの新店で大人のケーキを

投稿日:

九品仏で取材だったので、帰りに「アンフィニ」でケーキを。「アングラン」でシェフを務めていた金井史章シェフが、今年1月に独立したお店です。

私は面識がないのですが、編集部や知り合いのシェフから独立の話は前から聞いていて、楽しみにしていました。

購入したのは、スペシャリテの「パルファン」ほか、バナナとヘーゼルナッツのタルト、土佐紅茶とチョコレートのムース、いちごのタルト。

「パルファン」は、ローズとベルガモット、ほのかにショウガ。バナナのタルトは、ヘーゼルナッツの焦がし加減が大人な味わい。そして、土佐紅茶のムースのなめらかさ。香りや味わいの構成に奥行きがあり、どれもお酒と食べたくなる味だね、と主人と話しておりました。

子供に寄せたチョイスではない(だって大人が食べたい!)のに、もぐもぐフォークを動かす手が止まらない子供たち。シュークリームやロールケーキも美味しそうだったけど、卵が苦手な姉と生クリームが嫌いな弟には、こういうケーキのほうが嬉しいみたい。

焼き菓子には、カフェファソンのコーヒーやアマゾンカカオを使ったサブレや、千葉のピーナツのマドレーヌなど、素材の立った商品も多く、素材への愛を感じました。

九品仏駅からすぐなので、立ち寄りやすいのも素敵。お客様ひっきりなしだったので、すでに人気店ですね。

Sponsored Link

-スイーツ
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

冬季限定!ろみさんのチョコレートショップ「ロミユニ ショコラテ」

コンフィチュールと焼き菓子の専門店「ロミユニ」が、冬だけ限定でオープンしているチョコレート屋さん。 鎌倉駅から徒歩20分ほど、住宅街にひっそりと隠れています。 ボンボンショコラだけでなく、可愛らしいチ …

「スペイン菓子工房ドゥルセ・ミーナ」素朴で美味しいスペイン菓子

ある日のおやつ。 茨城県守谷市にあるスペイン菓子工房ドゥルセ・ミーナさんのスペイン菓子。 フランス菓子大国の日本では、ほとんど知られていないであろうスペイン菓子。 スペインは、アーモンドの生産量が世界 …

「メゾンジブレー」お菓子の家と、絶品スイーツな週末

週末、家族でメゾンジブレーへ。 お目当てはこれ! 大きなヘクセンハウス(お菓子の家)。 ヨーロッパでは珍しくないそうですが、日本では本物のお菓子で作った家を見られる機会があまりないので、子供達に見せた …

「バターマスター」お取り寄せで話題!コミカルなキャラも人気のフィナンシェ

2018年8月にオープンしたフィナンシェ専門店「バターマスター」。 ネット販売のみの受注生産。 フランスで修業したシェフが作るこだわりのフィナンシェが話題です。 そして、どこか懐かしさのあるキャラクタ …

「アンビグラム」鎌倉ティータイム

鎌倉での取材終わり、久しぶりにアンビグラムへ。 ピスタチオとグリオットのサントノーレと、ハーブティーをいただく。 ここは、シェフこだわりの中国茶やハーブティーもおいているので、お茶も楽しめるのが嬉しい …

 

料理専門誌を中心に、雑誌・WEB等で執筆中★
allaboutでの執筆はコチラお仕事の依頼は、facebookまたは上記から経由できます