フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

アイス・ジェラート・かき氷 スイーツ

「メゾンジブレー」春夏新作発表会。西表島ピーチパイン、ナイアガラ、トマト&ベリーなど

投稿日:

「メゾンジブレー」の春夏新作発表会にお邪魔してきました。

彩りがすっかり春!爽やかなフルーツのアントルメグラッセ4品が4/15より発売になります。

今回の目玉とも言えるのが、西表島アララガマ農園のピーチパインを使った「ピニャコラーダ」。

アララガマ農園は、国産パインのパイオニアと言われ、糖度も一般的なパインよりも高い20°ほど。

ちなみにパインは1つの木から一玉しかできず、収穫するまでに2年、連続して収穫できるのは4年目までくらい、ということもはじめて知りました。

メゾンジブレーの発表会は、毎回こうして生産者さんが来てくださるので、そのお話も貴重な体験。

「香TOMATO」は、いちごと合わせてフルーティーな仕上がり。

定番のコクシネルは、白桃とベリーのピーチメルバ風に。お子さんも食べられるよう、ノンアルコールのリキュールを使っているそうです。

昨年も好評だった母の日ギフト、今年も登場します。

断面を見ると、それぞれいくつものパーツを組み合わせた凝った造りなのがわかります。

江森さんのジェラートはどれも、フルーツそのものの味がすごく濃いのだけど、それは単にいいフルーツを使うだけじゃなくて、加工のしかたや、味の組み合わせかた、リキュールなど副素材のきかせかたが絶妙なバランスで成り立っているからだと思います。本当にすごい。

個人的には、ココナッツとパイン、さっくりとしたダックワーズのトロピカルな味わいのピニャコラーダがいちばん好きかも!

生食では日本人にあまり好まれないナイアガラが、ジェラートになるととても香り高く爽やかな味わいに。

生食と加工品に向く果物は異なるというのも、フルーツの奥深い魅力。

そして今回のジェラートケースは、野菜畑でした!

雪下にんじん、新キャベツ、砂土原なす、アスパラ、セロリに菜の花まで!

セロリは、グラニースミスなどと合わせることでとても爽やかな味に仕上がっていて、美味しかったです。

お忙しい中、こうして定期的に発表会を開催してくれることに本当に感謝。

去年はあまり足を運べなかったので、今年は子連れで通いたいなぁー。

Sponsored Link

-アイス・ジェラート・かき氷, スイーツ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

東京駅新スポットはグランスタだけじゃない!お土産選びが楽しい東京ギフトパレット

先月、東京駅には新スポットが続々オープン。まだ駅構内は乗降客が少なくがらんとしていますが、グルメやショッピングを楽しむには空いていて快適です! 東京駅八重洲北口にオープンした「東京ギフトパレット」は、 …

「L’ATELIER HIRO WAKISAKA(ラトリエ ヒロ ワキサカ)」モンサンクレール出身のシェフが武蔵小杉で独立!

2018年8月、武蔵小杉から徒歩5分ほどのタワーマンション1階にオープンしたパティスリー「ラトリエ ヒロ ワキサカ」。 同施設には、元住吉駅前にあった「ブーランジェリーメチエ」、「猿田彦珈琲」、三笠会 …

サロン・デュ・ショコラ2020前夜祭

サロン・デュ・ショコラ前夜祭にお邪魔してきました。 会場入口に鎮座するホワイトチョコレートのクマは、パリのサロン・デュ・ショコラから移送してきたもの。 フォトジェニックなスポットもあります。 国内外か …

「ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブル」世界コンクール受賞歴のあるシェフが、つくばで独立

水戸のパティスリーコサイでスーシェフを務めたのち、森永商事でテクニカルアドバイザーに就任。 クープデュモンド2017では日本代表の一員として銀賞に輝いた植崎義明シェフが、2018年5月、地元である茨城 …

「オクトーブル」ガトータタンで秋の気配

世田谷パン本の取材で、三軒茶屋へ。 帰り道、イートインスペースのあるオクトーブルにて、秋のお菓子を。 「ガトータタン」。 ほんのりシナモン香るキャラメルムースを仕込んだパイの上に、バターと焦がしキャラ …