フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

スイーツ 手土産・ギフト

メリーチョコレートが可愛く進化!バレンタインのプチギフトにおすすめ

投稿日:

女の子の横顔のロゴで知られる、チョコレートブランドのメリーチョコレート

創業は1950(昭和25)年。

1958年にはバレンタインチョコの発売を開始し、日本におけるバレンタインイベントの定着にも貢献してきた老舗です。

初めてのバレンタインでは、板チョコ3枚とメッセージカード1枚、わずか170円の売上だったそう。

それから日本では、「女性が男性に告白をする日」として定着。

そして最近では「友チョコ」に代表されるように親しい人と贈りあったり、自分用に高級チョコを買ったりして楽しむイベントに変化してきました。

そんなメリーチョコレート、実はこんなに可愛いブランドも展開しています。

「マキャプート」は、動物たちのイラストが可愛いクランチチョコレート専門店。

実店舗は立川のみのようですが、この時期になると各地で催事展開しています。

ついに今年は、近所のイオンにも!

ちゃんとしたボックスに入っていて、一箱450円程度と買い求めやすい価格が魅力です。

こちらは、「choosybear」。

ネットにもあまり情報が出てこないのですが、スーパー限定の展開なのかな。

こちらは通常のチョコレートが入っていて、同じく450円ほど。

昨今、雑誌などではビーントゥーバーなどがチョコのトレンドとして取り上げられていますが、一般にはまだまだ知られていない。

横浜に住んでいる私の周辺さえも、まだ知っている人はごくわずか、もしくは知っていても高くて買えないよね、という印象です。

メリー、モロゾフといった大きなブランドは、やはり生き残ってきただけの理由があるのだと再認識したのでした。

Sponsored Link

-スイーツ, 手土産・ギフト
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「ほっぷしゅうくりーむ」カリカリ&とろとろシュー

お友達の差し入れでいただいた、麻布十番のほっぷしゅうくりーむ。 大阪・心斎橋から進出したそうですが、そちらはすでに閉業しているみたい。 麻布十番店では、しゅうくりーむのほかにシューアイス、パフェ、食パ …

「アツシハタエ」洗練の焼き菓子

この日のおやつは、今年7月、代官山、用賀、高輪に3店舗同時オープンを果たした「アツシハタエ」の焼き菓子。 シェフの波多江さんは、1981年生まれ。アランデュカスグループで経験を積み、ドミニク・ブシェ東 …

専門料理7月号

ここ1~2年、ありがたいことに、専門料理でも定期的にお声がけいただけるようになりました。 最新号は、肉料理。 和洋中どのジャンルでもメイン料理の定番であるからこそ、オンリーワンの魅力が求められる。 専 …

「パーラーシシド」フルーツごろごろ!世田谷土産としても人気のフルーツサンド

下高井戸駅前の果物専門店「パーラーシシド」。 2017年春にリニューアルし、フルーツサンドやフルーツパフェを食べられるイートインスペースができました。 訪れた日は、残念ながらイートインが急なお休みだっ …

「鍵善良房」300年以上の歴史を経てなお美しい、芸術的落雁

享保年間創業、京都の老舗和菓子店「鍵善良房」。 祇園の本店、高台寺店、ゼンカフェの3店舗。 いずれも喫茶メニューがあり、くずきりが名物として知られています。 創業からの代表作は、落雁。 木箱の中から現 …