フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

スイーツ 手土産・ギフト

メリーチョコレートが可愛く進化!バレンタインのプチギフトにおすすめ

投稿日:

女の子の横顔のロゴで知られる、チョコレートブランドのメリーチョコレート

創業は1950(昭和25)年。

1958年にはバレンタインチョコの発売を開始し、日本におけるバレンタインイベントの定着にも貢献してきた老舗です。

初めてのバレンタインでは、板チョコ3枚とメッセージカード1枚、わずか170円の売上だったそう。

それから日本では、「女性が男性に告白をする日」として定着。

そして最近では「友チョコ」に代表されるように親しい人と贈りあったり、自分用に高級チョコを買ったりして楽しむイベントに変化してきました。

そんなメリーチョコレート、実はこんなに可愛いブランドも展開しています。

「マキャプート」は、動物たちのイラストが可愛いクランチチョコレート専門店。

実店舗は立川のみのようですが、この時期になると各地で催事展開しています。

ついに今年は、近所のイオンにも!

ちゃんとしたボックスに入っていて、一箱450円程度と買い求めやすい価格が魅力です。

こちらは、「choosybear」。

ネットにもあまり情報が出てこないのですが、スーパー限定の展開なのかな。

こちらは通常のチョコレートが入っていて、同じく450円ほど。

昨今、雑誌などではビーントゥーバーなどがチョコのトレンドとして取り上げられていますが、一般にはまだまだ知られていない。

横浜に住んでいる私の周辺さえも、まだ知っている人はごくわずか、もしくは知っていても高くて買えないよね、という印象です。

メリー、モロゾフといった大きなブランドは、やはり生き残ってきただけの理由があるのだと再認識したのでした。

Sponsored Link

-スイーツ, 手土産・ギフト
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「uchu wagashi」おしゃれでかわいい!京都発のモダン落雁

モダンでキュートな和菓子の代表格とも言える、京都の「uchu wagashi」。 パステル調のやさしい色合いと、洗練されたパッケージ、そして繊細な落雁の美味しさで京都土産としても人気のお店です。 写真 …

「ヨロイヅカEC」スプーンで食べるチョコスイーツ!ソフティショコラ

「トシ・ヨロイヅカ」の恵比寿店が、昨年末、ショコラの専門店にリニューアル。店名も新たに再スタートしています。 看板商品は、恵比寿限定のソフティショコラ。 20種類ほどあり、ショーケースでも目を引きます …

「アンビグラム」鎌倉ティータイム

鎌倉での取材終わり、久しぶりにアンビグラムへ。 ピスタチオとグリオットのサントノーレと、ハーブティーをいただく。 ここは、シェフこだわりの中国茶やハーブティーもおいているので、お茶も楽しめるのが嬉しい …

「宝寿茶」美味しく飲める野草茶。

お土産でいただいた宝寿園の野草十八茶。 本店は飯田橋にあり、もとは料亭が食後に出していたお茶を商品化したものだそう。 陰陽五行説に基づき、18種類の素材がブレンドされています。 入っているのは、ハトム …

「アトリエうかい」秋の小箱

鉄板焼や懐石など高級レストランを手掛けるうかいグループから誕生した、初の菓子専門店「アトリエうかい」。 たまプラーザ店からスタートし、現在は品川、調布にも展開しています。 レストランの感性で作る繊細な …

 

料理専門誌を中心に、雑誌・WEB等で執筆中★
allaboutでの執筆はコチラお仕事の依頼は、facebookまたは上記から経由できます