フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

スイーツ

「リョウラ」2018おつかれケーキ

投稿日:

2018年の〆ケーキは、用賀「リョウラ」にて購入。

主人の職場の近くなのに、なかなか買ってきてもらえず…年の瀬にようやく買えました。

店内は、年始の手土産を買い求めるお客さんで大混雑。

残り少ないプチガトーの中から

・レブリー(フリュイルージュのムース)

・カプリス(ヨーグルトシャンティ、チェリーと苺のムース、フリュイルージュのジュレ、バニラクリームとベリーのヴェリーヌ)

・カリヨン(ヨーグルトシャンティ、紅茶のクリーム、オレンジジュレなどのヴェリーヌ)

・ショコラ、バナナ、プラリネとショコラスポンジのガトー

を購入。

チョコが大好きな子供たちは、チョコケーキに夢中。

かなりの大きさなのですが、多層構造なので飽きずに食べられます。そしてめちゃくちゃおいしーい!

ヴェリーヌ系は、グラスデザートならではのなめらかさ、複雑な構成、一緒にすくって食べたときのハーモニーが絶妙。

ヨーグルトの爽やかさのおかげで、軽い後味。

菅又さんのお店は、おしゃれなパッケージの焼き菓子もすごく美味しいし、洗練された見た目の生菓子も、とても美味しい。

現代の若手シェフのなかでは、やっぱり頭ひとつ抜けてるなぁと個人的には思います。

しかし今年の12月は、家族でケーキを本当によく食べた!

子供たちと食べると、ここのパーツがこうなっていて…なんて分析している暇なく、わらわらとなくなってしまうので慌ただしいのですが、口じゅうべたべたにして夢中で食べているのを見ると、やっぱりみんなで食べるのがいいな、と思う。

来年も、たくさん素敵なお店に出会えますように。

Sponsored Link

-スイーツ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「メゾンジブレー」お菓子の家と、絶品スイーツな週末

週末、家族でメゾンジブレーへ。 お目当てはこれ! 大きなヘクセンハウス(お菓子の家)。 ヨーロッパでは珍しくないそうですが、日本では本物のお菓子で作った家を見られる機会があまりないので、子供達に見せた …

メリーチョコレートが可愛く進化!バレンタインのプチギフトにおすすめ

女の子の横顔のロゴで知られる、チョコレートブランドのメリーチョコレート。 創業は1950(昭和25)年。 1958年にはバレンタインチョコの発売を開始し、日本におけるバレンタインイベントの定着にも貢献 …

「ユウジアジキ」日本一のケーキ

食べログのパティスリー部門で、不動の一位に君臨する「スイーツガーデン ユウジアジキ」。 日本一のケーキ屋さんが我が家のすぐ近く(車で20分くらい)の距離にあるというのは、ものすごく幸せなことなんだと思 …

今秋話題の「ルビーチョコレート」!有名パティシエの新作も続々

パティシエ御用達のベルギーチョコレートブランド、バリーカレボー社バリーカレボー社から今秋発売される「ルビーチョコレート」。 その先行発表会が赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京で行われました。 …

「ピエールマルコリーニ」2020バレンタインはハート尽くし♡

銀座のピエールマルコリーニにて、新作のバレンタインアソートを体験してきました。 毎年、この時期ならではの心踊るコレクションが登場するマルコリーニ。 今年は、なんともラブリーなハート尽くし!いつものモノ …

 

料理専門誌を中心に、雑誌・WEB等で執筆中★
allaboutでの執筆はコチラお仕事の依頼は、facebookまたは上記から経由できます