「あそび割烹さん葉か」気負いなく楽しめるカウンター割烹

昨年のオープンながら、早くも馬喰町で人気の和食店「あそび割烹  さん葉か」。
メニューはおまかせコース中心で、5000円という気軽さ。
 

料理は店名にあるように、現代風の遊びを取り入れつつも、日本の郷土料理や伝統食を根っこに組み立てています。
 
例えば、先付けの3品。
日本の三大秘境と言われる長崎県椎葉村の伝統料理である菜豆腐と、うずら卵のベーコンエッグ、秋田産の山菜、ひこひこのお浸し。
 
食材はほぼ産地や生産者から直送し、食材にこめられたストーリーも紹介しているのも特徴です。
 

豆乳を使った白菜の茶碗蒸しに、白子のせ。
なめらかな地に白菜の食感が面白い。
 
 

お魚は、長崎から。
軽くしめた鯖と真鯛。鯛には、枕崎産のカツオ節を目の前で削って添えるという演出をほどこします。
 

お凌ぎは、そばの実入りのリゾット。
かりかりっとした食感と香ばしさが心地よく、ご飯なのにお酒のアテになる。
 

ヤマノイモの天ぷら。
大豆ソース、醤油かすやパルメザンチーズなど発酵の香りを添え、日本酒とのマッチングを高めています。
 

コースに必ず組み込むという自家製納豆のマスカルポーネ和え。
5色の豆がカラフル!
発酵を浅めにしているので、豆本来の食感と甘味が生きています。
 

肉料理は、猪のお茶煮。
やわらかく、くせのない味わい。
 

こちらもコースの定番、自家製こんにゃく。
きな粉と黒蜜でデザートに仕立てています。
ぷるんぷるんで驚くほど美味しくて、おかわりしたいほど。
 
5000円という価格の中で、皿数多く色々な料理を楽しませてくれるので、お酒も進みそう。
 
宗玄、秋鹿、白菊など店長選りすぐりの日本酒もリーズナブルに揃うので、居酒屋感覚で使えるお店。
 
何より、若い店主と店長の接客が心地よく、応援したくなるお店でした。
 
 

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る