「おぼろづき」お米の食べ比べにはまっています

産後、自宅で食事をとるのがメインになり、

圧倒的に増えたのがご飯(お米)の消費量!

お酒を飲まないこともあって、

こんなに毎日お米を食べるのは社会人になって久しぶり(笑)

で、そうなると当然、美味しいお米が食べたくなるわけでして。

いつもは主人の故郷の新潟県長岡市から

おいしい玄米を送っていただいているのですが

足りなくなると、便利なのが通販サイト。

抱っこひもで子どもしょってお米持ち帰るのはなかなかしんどいので…あせる

通販、かなり愛用していますラブラブ!

最近のは、産地の異なるお試しセットや

注文後に精米してくれたり、精米具合(分搗米)を選べたりと

自分でいろいろカスタムできるので、楽しいのです。

お米って毎日食べてきたものだから、

育った環境による嗜好の違いが大きい食べ物だと思っています。

私は、千葉県産のこしひかりを食べて育ったこともあり、

粘りがあって甘みのあるお米が好み。

なので、あきたこまちのようなパラリとしてあっさりしたお米よりも

やっぱりコシヒカリ系が好きなのです。

フードライターrieの食日記
で、最近注文したのが北海道産の「おぼろづき」。

「ゆめぴりか」に代表されるように、近年評価が急上昇している北海道産米。

冷涼な気候のため害虫がつきにくく、農薬の使用量も抑えられるのも魅力です。

フードライターrieの食日記

数ある北海道産米の中でも、粘りと甘みが特徴というのがこの「おぼろづき」。

最近はもっぱら玄米ご飯が好みなので、5分搗きでお願いしてみました。

炊き上がりから漂う、お米のあま~い香り。

強い粘り、もちもちとしたやわらかい食感が特徴的で

冷めても固くなりません。

精米したてだから、よりおいしかったのかもしれません。

あっさりとしたご飯が好きな人にはちょっと合わないかもですが

もちもちご飯が好きな人にはおすすめしたいお米です。

玄米を食べなれているからか、5分搗きでは物足りないくらいでした。

日本人なので、やっぱりお米を主食にしていきたいと思う昨今。

お米の食べ比べも、今後はいろいろと試していきたいと思いますニコニコ

(お米マイスターにも興味あり!)

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る