「まい泉」行列ができるやわらかとんかつ

週末、オットのご両親と早めのディナーで来店したのは表参道の「まい泉」。

オットはここのカツサンドが大好きで、とくに飛行機や新幹線の移動時にはかなりの頻度で購入食パン
他のカツサンドもいろいろ食べましたが、「まい泉」さんのものが食感や具のバランス、価格帯が一番適正かな~と思います。

フードライターrieの食日記

まずはビールと、おつまみ。
「まい泉」さんはとんかつだけのイメージがありますが、和食も豊富。
これはおつまみセット。塩辛やお寿司、お刺身がちょっとずつ。

フードライターrieの食日記
枝豆と黒豚の春巻き。これは完全におつまみですね!

フードライターrieの食日記
黒豚の焼き豚。
やわらかくておいしい~。ご飯にも合いそう。

フードライターrieの食日記
黒豚しゅうまい。
お肉ギッシリで食べ応えがあります。

さて、お目当てのとんかつです。
最高級の「純粋六白黒豚」をはじめ、黒豚、紅豚、東京Xなど豚の種類だけで4~5種類あり、迷いますあせる
定食のほか、お膳メニューは刺身や蒸し物、煮物などが付いてボリューム満点!

フードライターrieの食日記
まずは、週末限定の「休日のお楽しみ膳」。
ヒレかつに刺身、西京焼き、肉じゃがまで付いて盛りだくさんです!
これで1420円は、近くの表参道ヒルズなんかで食べるよりお値打ち感がありますね。

フードライターrieの食日記
オット注文の、「黒豚ヒレかつ」。
とんかつは、確かに箸で切れるほどやわらか!
衣の油切れもよく、あっさりとしているので年配の人にも食べやすい味です。

フードライターrieの食日記
「まい泉」さんでかつ丼を注文するのは初めて。
せっかくなので、沖田黒豚にしてみましたぶーぶー
ロースかつだそうですが、脂っこさがなくとってもあっさり!そしてやわらかい!
御膳同様、こちらもご飯、かつともにボリューム満点です。

フードライターrieの食日記
定番カツサンドは、はずさない味。

全体的に、とんかつはどれもさっぱりと食べやすい印象。
もっとお肉自体の旨みや噛みごたえが味わいたい~という人には、逆に物足りないかもしれませんね。
それから、ソースが「辛口」、「甘口」に加えて、おろし野菜を加えたさっぱり味の「黒豚専用」と計3種類あるのも、専門店らしくて楽しいです。

残念だったのは、接客。
まず、フロアにスタッフが全然いないので…追加注文も一苦労。
そして、サービスがとにかく雑。終始、テーブルに料理を「ドンッ」と置いて去って行く感じ。
唯一、ギャルソン姿のマネージャーらしき男性だけが丁寧でしたが…せっかく有名店で味もおいしいのに、最後に嫌な印象が残ってしまったのはザンネンでした。

それでもさすがは日曜日、17時過ぎに訪れた際にすでに8割ほど埋まっていたのですが、19時30分にお店を出たら外には30人以上の行列が!!
並んでいるのは主にカップルやファミリー層が多いようでしたが、表参道は日曜定休のお店が多いことや、手軽な価格でディナーが食べられるお店が少ないのも影響しているのでしょうね…。

ちなみにランチは1000円以下で提供しているようなので、はずさないランチとしては覚えて置くと便利ですねナイフとフォーク

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る