「アムフルス」綱島のドイツパン専門店

綱島にドイツパンのお店があると聞き、絶対行こうと思っていた「アムフルス」さん。
先日、保育園見学の帰りにようやく寄ることができましたニコニコ

オープンは2011年と、まだ比較的新しいお店。
オーナーシェフは、ドイツの国家認定資格・製パンマイスターの資格保持者。
ドイツで8年間修業したそうで、本格的なドイツパンに期待が高まります。

この日は朝イチで他にお客さんがいなかったせいか、
お店の方がいろいろ試食を出しながら説明してくれました。

ドイツパンは大きく焼いてカット売りが一般的なので、
食べ慣れない人だと、味を知らずに買うのに躊躇してしまう人も多いんですよね。
都内だとドイツパンの専門店も多く、だいぶ認知が高まってきましたが、
まだ綱島だとなじみがないお客さんが多く、売るのも大変なのかなぁ…と感じました。

迷った末購入したのは、この4点。

フードライターrieの食日記
左から、スペルト小麦のパン
ライ麦60%のくるみブロート(ハーフサイズ)。
ミューズリー
ヌスエッケ

ライ麦パンに使うライ麦粉は、ドイツ産オーガニックライ麦の丸粒を
毎日自家製粉しているそうで、かなり本格的。
クルミとヒマワリの種入りで、香ばしさが味わえます。

「スペルト小麦のパン」は、独特の小麦の風味が持ち味。
一人で食べるので食べ切りサイズの小型を購入しましたが
いろいろな料理に合わせやすい味わいでした。

「ヌスエッケ」は、バターとはちみつ、ナッツの香ばしさが重なり
フロランタンのように重厚な味わい。
「ミューズリー」はヒマワリとカボチャの種の食感が小気味よい。

「アムフルス」さんのパンは、ドイツパン初心者にも食べやすいといった印象。
私は、みっちり生地が詰まったどっしり系のドイツパンも、
酸味のあるライ麦100%のパンも大好きなので
もう少しパンチがあってもといいな。

ドイツパン専門店でもバゲットや菓子パンなども置くお店が多い中、
ここはドイツパンのみで勝負していて潔い。

久しぶりにおいしいパンを食べました。
また買いに来ますラブラブ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る