「鈴なり」居心地も最高な和食店♪

ずーっと行きたかった和食店「鈴なり」さん。
なだ万出身の店主(イケメン!)が、手頃な価格で本格的な和食を楽しませて人気のお店。
(ミシュラン一つ星も獲得)
ようやく予約がとれたので、ワクワクしながら行ってきました~ラブラブ!

お願いしたのは、6000円のコース。

フードライターrieの食日記

先付は、ズワイガニのジュレがけ。見た目も美しい。
ほどよい酸味で、この後の料理に期待感が高まりますアップ

フードライターrieの食日記
続いて前菜は、お酒がすすむものばかり!
手前から、さつま芋と銀杏、カマスの棒寿司、白エビ、お浸し、白子、柿とクルミ・クリームチーズの白和え、ツブ貝旨煮。

さつま芋と銀杏は揚げたてでアツアツだし、どれも手のかかった品。
とくに白和えはワインにも合うし、センスのよさを感じます。

フードライターrieの食日記
名物「玉地蒸し」。
芳醇な香りからしてノックアウト!

フードライターrieの食日記
とろみが強めのカニのあんの下に、雲丹の入った茶碗蒸し。
雲丹のコクが加わると、また味が変わりますね。これは万人が好きな味!

フードライターrieの食日記
お造りは、鮪、白イカ、平目の昆布〆、カンパチ。
白身とイカは、塩とスダチでさっぱりいただきます。この価格のコースにしては、お造りの質も高いです。

フードライターrieの食日記
焼物は、金目鯛と、千葉の銘柄豚(名前失念あせる)。
2種類をちょっとずつ楽しめるのがいいですね。豚肉はしっとり、さっぱりしたお味。
トマト入りの鬼おろしは見た目もかわいいですね。

フードライターrieの食日記
煮物は、里芋のあんかけ。
キリッとした出汁が美味で、お出汁ごと飲み干したくなります。

フードライターrieの食日記
食事は、牡蠣ごはん。
ご飯ももちろんですが、一緒に出されたシジミの赤だしがとっても美味しい!
赤だし苦手なのですが、こちらのは

フードライターrieの食日記
デザートは杏仁豆腐。
もっちりした食感が好み。

お酒の種類もそこそこ豊富で、しかもお値段も抑えめなのが素晴らしい!
日本酒もしっかりいただいて1人1万円をきるというのは、非常にコストパフォーマンスが高い店だと感じました。
これは予約がとれないのも納得!

フードライターrieの食日記
食べきれなかった分のご飯は、お土産にしてくれます。
翌日、おいしくいただきましたラブラブ

最近は、5000円前後で和食が楽しめるお店が増えましたが、ここはその中でもかなりちゃんとした和食をしっかり楽しませてくれるお店。
そして、四ツ谷荒木町界隈はなかなか訪れることのないエリアですが、名店が多く通ってみたい場所のひとつでもあります。

東京のグルメシーンは、まだまだ奥が深いなぁ~。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る