ぶどうの品種が気になる!希少な「黄甘」を食べてみた

先日、「マツコの知らない世界」でも紹介されていたぶどう。

最近、スーパーには種無しぶどうの色々な品種が並ぶようになったなぁ、と感じていたのですが、世界には10000種類以上、日本だけでも100種類以上のぶどうがあるのだとか。

我々が生涯で口にできるのはそのうち何品種なのかな…と思いつつ、新しいものには目がない我が家。

スーパーのぶどう売り場で珍しい名前だな、と思って購入したのがこの「黄甘(おうかん)」。

名前の通り、濃厚な甘みとジャスミンのような独特の香りが特徴だそう。

皮ごと食べられる、と説明がありましたが、本当に皮が薄い!

果肉は柔らかく、果汁の量もすごい。ゼリーを食べているかのようです。

そして、ワインを思わせるような高貴な香り。

「このぶどううまいなぁ~」と、あっという間に家族が完食してました。

後日、スーパーではもう見かけなくなってしまった…調べてみたら結構希少なぶどうのようです。

お値段も安くて(シャインマスカットの半値!)、また売っていたらぜひ買いたいぶどうでした。

ちなみに、隣の桃は黄桃(品種失念)。

日本では生食の桃といえば白桃がメジャーでしたが、近年は黄桃も増えているそうです。

プラム好きな我が家は、黄桃の少し固くて酸味のある感じも好き。

果物の美味しい秋、いろんな品種を食べ比べしてみようと思います。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る