フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

日々のこと 綱島~横浜地元ネタ

トレッサのど自慢大会、悲願の…

投稿日:

先週末、我が町のトレッサ横山で開催されたのど自慢大会。

主人とパパ友が出場したので、その応援に行って来ました。

今回で第3回となるこの大会。

実は、主人と友人は第1回から出場しており、いずれも準優勝、という嬉しくも悔しい結果に。

応援してくれる友達家族や子供たちの思いも背負い、今年こそは…と、3度目の正直を信じて望みました。

その結果!!!

見事、優勝を勝ち取りましたー!!!

本番当日は、本人よりも?私の方が緊張してしまい…胸がキューッと締め付けられるような感覚を久しぶりに覚えました。。。

出番が遅かったので、子供達を中庭で遊ばせながら出場者たちの歌を聞いていたのですが、主人たちのひとつ前の女の子が尋常じゃない上手さで、会場の雰囲気も一変。

後で「子供部門だから大丈夫(優勝は、子供部門と大人部門に分かれている)」と安心したのですが、胃が痛む思いのままいよいよ出番に…

これまで仕事の合間を縫って練習してきたこと、ご近所の友達家族の応援もあって、絶対優勝というプレッシャーをこれまでになく背負っていたこと、実は緊張しいで人前に出るのが苦手なこと。

そんな本人たちの思いも身内だからこそ知っていたので、今回の歌はいつにもまして感動的に響きました。

そして結果発表。

優勝は最後に発表されるとわかっていても、次々とライバルたちが呼ばれていく横で、緊張はピークに。

最後に名前が呼ばれた瞬間、喜びと安堵の思いで思わず涙腺崩壊。。。

本当によかった。よかったよ。おめでとう。

主人は昔から歌が得意ですが、子供がいなければ、近所のお友達の応援がなければ、恐らくのど自慢大会に出ることなんて一生なかったと思います。

子供たちにも一生心に残る思い出になったと思うし、諦めずに出場し続けて本当によかったな~と思いました。

発表後、地元ケーブルテレビのインタビューも。

残念ながら、我が家では見られませんが…

夜は、みんなで祝勝会。

優勝賞金がトレッサのお買い物券なので、早速使わせてもらいました。

ちなみに今回ののど自慢大会は、30人の枠に300人ほどの応募があったそうです。

「トレッサを普段利用している人に出場してもらいたい」との考えから、ネットでの告知は行わずに館内ポスターのみの告知だったそう。

大好きなトレッサが、ますます好きになりました。

Sponsored Link

-日々のこと, 綱島~横浜地元ネタ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「水信」老舗フルーツ専門店のフルーツパフェ

みなとみらいでの撮影のあと、ひょんなことから、娘と二人きりの時間。 どこに行きたい?と聞くと「パフェが食べたい!」と言うので、桜木町の商業施設コレットマーレ内にある「水信フルーツパーラー」へ。 以前は …

東京湾大感謝祭2018

象の鼻パークで一休みし、続いて向かったのは赤レンガ倉庫。 いつも何かしらイベントをやっているので、我が家はよく行くスポットのひとつ。 この日は、「東京湾大感謝祭」なるものをやっていました。 タイトルか …

子連れ日帰りスキーに行ってみた感想

三連休の最終日。 川崎からの日帰りバスツアーで、お友達家族とスキーに行って来ました。 訪れたのは、昨年と同じ富士見パノラマリゾート。 フルレンタルにしたので、レンタルコーナーが混んでいるのは覚悟してい …

ステイホーム週間③ キョンシー映画を子どもと観る

ステイホーム週間は、映画をよく観ていました。中でも子供がおもしろがっていたのが、キョンシーの映画。 ちょうど私も、今の娘と同じくらいの年齢に見たのかな。従兄弟のお兄ちゃんに見せられたのが最初だったよう …

〜休校中の過ごし方〜①小1の娘が作った「笹木家カルタ」で我が家の生態がわかる

急な休校措置で、自宅でどう子供と過ごしていいかお悩みの保護者の方も多いのではないでしょうか。 我が家は幸い、就労家庭ということで、保育園と学校、学童に通えているのですが、自宅作業が可能な日はなるべく自 …

 

料理専門誌を中心に、雑誌・WEB等で執筆中★
allaboutでの執筆はコチラお仕事の依頼は、facebookまたは上記から経由できます