「ル・プチメック」大好きなお店でひと休み

この日の取材は、日比谷のル・プチメック

少し早めに着いて、ブレイクタイム。

パリふわのパンオショコラ、一口かじってから店内のトースターを発見しました…温めて食べたらもっと美味しかっただろうに。

苦味と酸味を感じるチョコレートも、良質なものであろうと推察。

昔はチョコの多さ=美味しいパンオショコラ、と思っていたけど、最近は生地を味わうためのチョコの量のバランスって大事だな、と感じるようになりました。

夕飯は、バゲット祭り。

プチメックのバゲットは、クラストはそこまでカリカリしておらず、クラムも気泡少な目でしっとり。噛みきりやすくて食べやすい食事パン。そしていろんなバリエーションが楽しい。

娘もようやくハード系のパンを少し食べるようになってきたので、こういうパンを好きになってほしいな。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る