「大角玉屋」元祖いちご大福

いちご大福の元祖という新宿大角玉屋(おおすみたまや)のいちご豆大福を、お土産にいただきました。

レトロなパッケージとパンフレットが郷愁を醸します。

四谷三丁目での取材の際にいつもお店の前を通っていて、「いちご大福」の貼り紙が気になっていたお店。

1985(昭和60)年に発売というから、いちご大福が世にでてもう30年以上経つのですね。

コシの強いお餅の中に、ほくほく感のあるつぶ餡と、ジューシーないちご。

「いちご豆大福」なので、生地にはえんどう豆も入っていて、いろんな食感が混ざり合う。そして食べごたえもしっかり。

お土産ってどうしても洋菓子をイメージしちゃうけど、これなら子供も喜びますね。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る