「亀屋」手土産やお取り寄せに。房総の老舗の逸品「あわび姿煮」

千葉・南房総に7店舗を展開する「亀屋本店」は、1906年創業。

醤油、味噌の製造などを基盤に、戦後になって看板商品の「鯛みそ」を開発。

その他、鯛せんべいやびわぜりーなどが房総のお土産品として知られています。

私もお菓子のイメージが強かったので、この「あわび姿煮」があることは父からのお土産で知りました。

国産あわびを殻つきのまま、昆布や醤油ベースで柔らかく炊いた一品。

昆布の旨味がしっかりと効いていて、ごはんや酒のアテにぴったり。子供でも食べられる柔らかさ。

おすすめされていた食べ方通り、煮汁でご飯を炊いて炊き込みご飯にしたら、こちらも美味でした!

房総のお土産のなかでも高級品なので、ここぞというときの手土産や、ホームパーティーの差し入れなどに喜ばれそうです。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る