するする切れて気持ちいい!匠のパン切りナイフ

先日、我が家にやって来たパン切り包丁。

主人が最近まで手掛けていたこちらの本にも紹介されているもので、とにかく切れ味がいいと話題。

(と、ちゃっかり本も宣伝。皆さま買ってくださいね)

このパン切り包丁の開発を手掛けたのは、浅草合羽橋の老舗調理道具専門店「飯田屋」の6代目店主、飯田結太さん。

「マツコの知らない世界」など、メディアでも活躍されている話題の人です。

このパン切り包丁のすごいところは、波刃と粗刃、平刃の3種類の刃がついているところ。

ふわふわの食パンから、ガリガリのバゲットまで、どんなパンでもするする切れちゃうというわけ。

これまでギコギコしていたのが嘘のように、すーっとストレスなく切れて快感!

さらに、具だくさんのサンドイッチはもちろん、のり巻きや、ローストビーフを切るのにも重宝するそう。

これ1本で用途が広いのは、ミニマムな生活を心がける我が家にも嬉しい。

ちなみに、こちらから購入できます↓

サンクラフト

この包丁使いたさに、パンを買ってしまいそうです。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る